スタンダード プリ コーション。 スタンダードプリコーションの基礎の基礎【いまさら聞けない看護技術】

詳しくはをご覧ください。 目は粘膜がむき出しになっていることから、感染リスクが高いことに注意しましょう。 *防護具:キャップ・マスク・ゴーグル・手袋・エプロン・フェイスシールド・シューカバーなど 環境の整備 病室、処置室、物品などは整理整頓して清掃をします。

8

具体的には、腰椎穿刺、硬膜外麻酔、脊髄麻酔、ミエログラムなど 高頻度接触表面に対しての洗浄および消毒• ゴムやプラスチック製の治療器具を殺菌できるガス滅菌器ホルホープデンタル• スタンダードプリコーションの実際 衛生の管理 患者さんに触れる前と触れた後、清潔ケアや無菌操作の前、血液や体液などに触れた可能性がある場合、患者さんの周辺の物品に触れた後には手洗いをします。 しかし手間や人件費、リネン類の消耗などを考慮してか、最近ではディスポーザブルに置き換わってきている。 塩素よりも強力な殺菌能力があるオゾン水を使用し、飛沫感染とエアロゾル対策の実施 空気中の浮遊菌(インフルエンザ、コロナウイルス)対策にオゾン空気清浄機で空間除菌 定期的に共有スペース 待合室、お手洗い、各診療台および院内 の消毒の実施 当院関係者へマスク、キャップ、フェイスシールド、グローブ着用のスタンダードプリコーション 当院の従業員に発熱、咳、倦怠感をともなう場合は自宅待機及び専門の医療機関への受診を指示 ヨーロッパ基準での院内感染対策に準拠した滅菌システムを採用 さらに器具機材は患者さんごとに滅菌処理を行い、 特にハンドピース、基本セットなどは全て滅菌パックにて管理しております。

5

施設内で感染症が発生したときの5つの対策 発生状況の把握 発生場所や人数、症状など利用者様だけでなくスタッフ・スタッフ家族に同じ症状はないかを確認し早急にまとめ代表者に報告します。

10

当医院内での感染拡大を防ぐために、正しい手洗いの実践に努めています。 部屋の使用目的に応じて清潔・不潔エリアを区別する• 第一に高齢者介護施設等に感染源を「持ち込まない」。 最後に「拡げない」。

16

*対策として:陰圧の空調管理のできる個室に収容する。 床や壁などに血液や体液が付着した場合には、その部位を拭き取り次亜塩素酸ナトリウムで清拭消毒を行います。

14

スタンダードプリコーションの中には、リキャップの禁止も含まれている。 当院では効果も大きく安心安全につながるオゾン水による消毒・減菌を徹底しております。 院内や施設内で問題となることが多い薬物耐性菌のほとんどはこの経路からの感染となります。

また、身体や衣類と接触するのを避けること、汚染したものは容器または指定された容器に入れることが必要です。 「感染経路」を知り、それを遮断するための具体的な行動ができるように、感染症について学び、症状やどのような感染経路があるのかを知ることが大切になります。

7

言葉にすると難しく感じてしまうかもしれませんが、一人一人が感染をしないように気を付けることで衛生に対する意識を高め、感染の発生を抑える事が目的の一つです。 リネンに付着した病原性微生物が、人や空気、環境表面、清潔なリネン類に拡散しないように取り扱う必要があります。 主な感染経路 よく知られている感染経路は次の6つです。

8

介護職は感染症を 発生させないために感染症対策の徹底が求められます。

3