門戸 厄神 東光寺。 門戸厄神・松泰山東光寺[写真集

表門の下には、 42段の男厄坂と呼ばれる厄年にちなんだ階段があります。 最寄り駅からの道のりは山あいの清々しい空気に浄化されるという点でもお勧めです。 1月18・19日 厄除大祭• 嵯峨天皇の41歳の厄年にあたる天長6年(829年)、空海(弘法大師)により厄除祈願が行われた。

1

・ 大黒堂・愛染堂 大黒天と愛染明王をお祀りしています。 日本三体厄神のうちの一つです。 その節目にあたり、あらかじめ心の準備をおこたらないように昔人は「厄年」という習わしを考えたのです。

15

1月の厄除大祭の際にはから上の阪急門戸停留所まで、の臨時路線が運行される(この他1月は・阪急伊丹とを結ぶ臨時バスもあり、こちらも阪急門戸停留所に停車する)。

19

1月17、18、19日は 厄除大祭のため、周辺道路は交通規制されるほどの大混雑になります。 門戸厄神東光寺は、HPや情報発信がしっかりしていますね。

厄神堂 - 秘仏・厄神明王像を祀る。

16

実行委員会の高橋さんに少しお話をお聞きしました。 慣れない正座ですがみんないっしょうけんめい。

6

()下車北西へ700m、徒歩15分• 1992年からマッキントッシュコンピュータによるCGイラスト制作を始める。

大黒天は大国主命になぞらえられて、円満なお顔の財福神として台所に祀られ、また七福神の一人で商売繁盛の仏様でもあります。