サバイバル ファミリー。 サバイバルファミリー 評価と感想/電気の通じない世界をシリアスに描く

中に食料らしいものは見つからなかったが代わりに辛うじて飲める車のバッテリー液と猫缶を見つける。 なので、スキルも知識も何もない、サバイバル能力がいちばん欠如している人物を主人公にしました。

16

撮影 : 葛西誉仁• あらゆる 情報が遮断され、被害の範囲もわからなければ、いつまで続くのかもわからない。

6

やはりこんな状況だと田舎暮らしが強いんだなぁ。 みんなが困って、生きるのに四苦八苦する映画が作りたかったんです。

13

思ったほど真っ黒にはならなかったですが、顔は結構汚れましたよ(笑)。

いきなり電機は帰ってきました。

ところが、町全体でガスも水道も使えず、車や電車も動かないため、会社と学校からは自宅待機を命じられる事態に。 大都市のパニックの風刺がよくされていて突き刺さるのです。 とてもやりやすかったですよ。

7