予言 コロナ ウイルス。 インドの天才少年アナンド君が今年・2021年世界の未来を予言!『ワールド極限ミステリー』新型コロナウイルス発生

」 おくまん「夏にそういう、大きいのがある可能性がある」 飯田「あるあるある。 そのような状況下で一か月ほどたったころ、それまで一日1000人台中盤で推移してきた新規陽性者数が2000人を超え、二週間後には再び4000人を超えます。 新型コロナウィルスは、コンジャンクションにあわせるように世界に広まり、2020年4月現在も収束していません。

4

確かに、 2010年の掲示板の書き込みで、東京オリンピックには感動したと書き込んでいます。

2

引用元:水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2020 コロナウイルスのことは話されていませんが、世の中が混沌としそうだと予言されていますね。 その争いの後はアジアの大半がインドになり、中国と韓国、北朝鮮は無くなり日本は残る• 電話占いがありすぎて選べない• 火星と木星が重なり、 3月20日の春分の日以降は、よい気運に満ちてきます。

15

また、予言が的中する日時もファジーなものが多いですよね。 7、最大震度6強の地震が発生。 飯田「権力者とか、大きい企業があと1年だけなので。

10

。 その際、少しばかり協力して欲しいのだが大丈夫だろうか。

3

あくまで新型のウィルスが引き起こすパンデミックであり、ウィルスである以上、変異がどれだけ起きるのかも予断を許しません。 もくじ• 今回はスピリチュアル予言者のほかにも、ビルゲイツや高嶋哲夫などが著書で新型コロナウイルスのことを予言していたのではないかと思われることについてまとめてみました。 不摂生な生活を送っていた人は、今回のコロナ騒動を機に生活習慣を変えた方がいいかもしれませんね」(同・ライター) アナンド君の予言はあくまでも占いによるもの。

4

しかしアビギャ・アナンドくんは、ほぼぴったりスーパーバグが発生する日にちを当てています。

4

ティテル氏は毎年元日、その年の予言をYouTubeで発表することが恒例となっている。 「2020年」は、地球の平均気温が「2020年までにセ氏1. ふたつめに ワクチンの効果が想像以上に小さかったケース。 同時に経済的な自粛も長期化するわけですが、その間、 自粛慣れによる不要不急な外出機会の減少は経済のマイナス成長も長期化させます。

日付を見て下さい、2010年11月14日ですよね。 本当に当たる占いってどこなの?• そして、次は2016年の4月15日に移動するという発言を残して去ってしまいました。