不妊 治療 保険 適用 反対。 「不妊治療×保険適用」に関するクソリプにお答えしましょう

そう考えれば、現状での保険適用は弊害が多い。 当サロンでは妊娠率を上げていく サポートを 得意としております。 またお子さんの健康を考えると 少しでも負担の少ない状態で 妊娠・出産・育児をしていくことが大切だと思います。

多分イメージだけで語られてるとと思いますけど、もちろん、世の中にはお金ある家庭だってそりゃありますよ。 3%) 増えていない理由 ・治療院はとても混み合っており、時間的な投資も大きい。 2012年• 7%が不妊治療の保険適用の拡大について「賛成」回答しています。

4

例えば皮膚科、眼科、耳鼻科、整形外科あたりの主疾病って、治さないと心臓止まるんですか?違いますよね、症状が辛いから治すんですよね? 少し前に湿布や花粉症薬を保険適用外にする提言が話題になりましたが、あれは生命に関わらないからじゃなくて、市販薬が医療用と同成分のもので代替出来るからというのが理由ですからね。 また、日本の少子高齢化を抑制する一手になるかもしれませんね。 なぜ、日本医師会が反対するのだろうか。

生殖に関して個人に選ぶ権利があること、まさかご存知ない? 養子縁組という制度自体は実親の養育が難しい環境にある子どもが主役ではありますし、一方で日本が異常に里親委託率が低いこともまた事実であり、里子・養子の制度が不十分であることは確かです。 それは、我が国の国民皆保険制度は、治療行為の値段である診療報酬を厚労省が全国一律に決めるからだ。

8

地方は利益を得るが、都心部では赤字になる。

例えば、以下のようになります。

15

10月• 医療が日進月歩で不確実であることを踏まえれば、むしろ一律に禁ずる方が弊害は大きい。

2%) 出典:PRTIMES 不妊治療の保険適用拡大で賛成の声が多かったように、こちらでも経済的な支援を求めている結果となりました。

12