浮 ける 本能 の 起源。 にゃんこ大戦争 浮ける本能の頂「頂の祠 超極ムズ」攻略

淡路洲 ( あはぢしま )を以て 胞 ( え )と 爲 ( な )して、 大日本豊秋津洲 ( おほやまととよあきつしま )を生む。 古の道を 釈 ( す )てて 由 ( ゆう )の意を行わん。 これこれの役に立つから偉いというに過ぎない。

11

また、挑戦できるようになるまでの待機時間は、後述する地図のランクに関わらず全て共通です。

19

次に 筑紫洲 ( つくしのしま )。

生涯 ( しょうがい )孔子の番犬に終ろうとも、いささかの 悔 ( くい )も無い。 そんな名前はどうでもいい。

7

別に悪意がある訳ではなく、 心安立 ( こころやすだ )てからのいつもの毒舌だったが、子路は顔色を変えた。

12

孔子はそれを別室で聞いていたが、しばらくして 傍 ( かたわ )らなる 冉有 ( ぜんゆう )に向って言った。

11

乃ち 天瓊矛 ( あまのぬほこ )をもて、 一 ( ひとつ )の島をかき 探 ( さぐ )り成す。 孔子の政策の第一は中央集権すなわち魯侯の権力強化である。 大苫邊尊 ( おほとのべ )。

此れまた 兒 ( みこ )の數に 充 ( いれ )ず。 政治の実権が 魯侯 ( ろこう )からその大夫たる 季孫氏 ( きそんし )の手に移り、それが今や 更 ( さら )に季孫氏の臣たる陽虎という野心家の手に移ろうとしている。 究極は精神に帰すると云いじょう、礼なるものはすべて形から入らねばならぬのに、子路という男は、その形からはいって行くという筋道を容易に受けつけないのである。

14

師が臣節を 汚 ( けが )すのを懼れるのではなく、ただこの 淫 ( みだ )らな 雰囲気 ( ふんいき )の中に師を置いて 眺 ( なが )めるのが 堪 ( たま )らないのである。 則ち 矛 ( ほこ )を拔きて喜びて曰く。 「しかし」と、それでも子路はなお 逆襲 ( ぎゃくしゅう )する気力を失わない。