玉 勝間 現代 語 訳。 玉勝間『師の説になづまざること』(1)現代語訳

」 と、思ひ定めたることも、思ひのほかに、また人のことなるよき考への出で来るわざなり。 こういう学問は、わたしの先生、賀茂真淵先生がはじめたものです。 『玉勝間 — 兼好法師が詞のあげつらひ』 兼好法師の言葉の論評. html テキストファイル (自己解凍式。

9

「顕昭や仙覚のなかまたちは、契沖とくらべると、あたかも 駑駘 どたいにひとしいといえる。 かわった字や、かわったよみかたのせいで、どうにもよみにくい。 言にこそさも言へ、心のうちには誰 たれかはさは思はん。

14

(いや、ありはしないだろう。 それから、そのひとの「性」にあわせて、なまえをつけるというならわしがあります。 いまのかなづかいでも、『』とかは、おぼえないといけませんね。

けれども、おしなべて、みなさんの心の地はからごころです。 本居宣長の「玉勝間」中の現代語訳をお願いします。 『玉勝間 — 兼好法師が詞のあげつらひ』 兼好法師の言葉の論評. 「にて」の見分け方 については、以下のページで詳しく解説をしていますので、よろしかったら、ご確認下さい。

7

(吉川幸次郎訳) 現代語訳 しみじみと趣深いもの、孝行の心がある子ども。 抜粋の基準は、『全訳玉勝間詳解』前嶋成著、大修館書店(昭和33年1月刊)に採録されたものとし、若干の追加をした。

4

一途に。 これによって考えると、今から後の時代も、またどのようであろうか。

4

(いや、そうではないだろう。

8