中島みゆき ファイト 歌詞。 ファイト 中島 みゆき 歌詞

「手紙を読むような歌詞の部分があるでしょ? 彼女は既に東京の狭い部屋で一人暮らしをしている友人を頼って東京に出ようとした。 もっとも、この楽曲は満島ひかりだけでなく、 福山雅治、YUKI、山下達郎など名のあるアーティストがカバーをしている。 ラジオ番組で中島みゆきもこのことに言及している。

19

3人目:犯罪を目撃したのにそのまま逃げ去ってしまった人 私 本当は目撃したんです 昨日電車の駅 階段で 転がり落ちた子供と 突き飛ばした女の薄笑い 私 驚いてしまった 助けもせず叫びもしなかった ただ怖くて逃げました 私の敵は 私です 次に出てくるのは犯罪を目撃したにもかかわらず、怪我をした被害者の子供を助けもせず、犯人を知らせることもなく、ただ逃げただけの自分自身に罪悪感を持っている女性だ。

この曲は、多くのアーティストによってカバーされた。

12

極めつけはそのコード進行「C Am F C Am Em F C…」あら、全くの一致! こういった専門的な解析はいずれスージー鈴木さんにお願いするとして、これだけでもいかに「ファイト!」が拓郎的であるかが垣間見えるような気がするのだ。

このコンサートにいた人が書いたブログによれば、ホールには色んな客層の人たちで埋め尽くしていたという。 目黒は、この歌詞を、自身の辛い体験と重ねる。 ああ小魚たちの群れきらきらと海の中の国境を越えてゆく 諦めという名の鎖を身をよじってほどいていく この小魚の群れはいったいどこから来たのでしょうか?この小魚はボロボロになりながら暗い水に打たれ川を上った魚たちの子どもなのです。

2

2015年11月23日、29日に大阪と東京で行われたライブ 『中島みゆきRESPECT LIVE『歌縁』 うたえにし 』。

8