ドクター コトー 2006 11 話。 『Dr.コトー診療所2006』#11最終回

家族というのは、その人間の人生すべてを背負うということだ、たったひとつの命でさえそれを背負うことがどれだけ重く苦しいことか、、、それが愛する家族であればあるほど、、、』 『君がやろうとしていることは所詮偽善だ!島の人間が家族だと、、、ふざけるんじゃない、、、もしも本当にそれを思っているのなら、それは君の自己満足だ。

1

だが、息子の信一よりも巽の手術を先に行ったコトーに対し山下(船木誠勝)は不信感をぬぐえない。 の無料お試し期間を使えば全話分のDVDを無料で宅配レンタルできますよ。 だから鳴海先生は今後のコトーのためにあえて忠告したのだ。

そして、ずっと冷たい感じで本当はどういう医者なの?と思っていた鳴海が、最初から最後までコトーのフォローをし続けて、手術を施行に導きました。 だがこの時、茉利子も離れて暮らす息子が行方不明になったとの知らせに心を痛めていたのだった。

12

ほぼ同じ頃、島には代議士・芦田(竜雷太)がやってきた。

2

そしてあっさりとコトーの功績を横取りして、えらそうに記者会見で発表までしています。 これからも応援したいドラマです。 彩佳も無事に、退院したとの知らせてあった。

14

今後、Drコトーが製作されなくても、みんなが、今後を 想像できるようなっています。 。

12

島の人間は、みんなそう思うんだと剛利は答える。 だからこその忠告… 自分のような失敗をしないようにという意味もあるでしょう。

6

コトー診療所」4話のあらすじ ある日、診療所に芦田ゆき(木村佳乃)という女性が訪ねてきた。 医者は大きな間違いを犯す。 だとすると、家族ではなくなり『偽善』となる。

8