青山学院 箱根駅伝 2020 メンバー。 [史上最速世代が語る箱根路 vol.1]吉田祐也「人生を変えた最初で最後の夢舞台」

2016年、2017年、2018年と続けて優勝を飾り、「絶対王者」の名を欲しいままにしました。 その後の千葉県の合宿にも参加しておらず、青学大は大きな柱の1本を失うことになった。

10

2021年1月2日 土 ・3日 日 、学生駅伝の最高峰「第97回箱根駅伝2021」が開催されます。

4

13年ぶりの優勝を虎視眈々とうががう。 地球社会共生学部• その意味で、練習でいつまでも走っていられる僕は向いていたかもしれません(笑)」 秋に入って、全日本大学駅伝の5区を走って区間3位の成績を残すなど、吉田は青学大にとって必要な人材になっていった。

12

そのように考えるのは、とてもよく理解できますよね。 2004年に青山学院大学の駅伝監督に就任。 前回優勝の青山学院大学は今回2年連続6回目の優勝を狙う。

17

長野日大高校(長野県) 能島翼(のうじま つばさ)• ただ、今年度はやや状況が異なり、全日本は1年生が2人出場、これは3大駅伝で見ても箱根で初優勝を果たす前、2013年の全日本で一色と茂木が揃って出場して以来です。 前回2区で日本人1年生最高タイム(1時間7分3秒)をマークした岸本大紀(2年)はケガの影響で外れた。

15

青山学院大学の区間エントリーは以下となります。

18

兵庫県出身• 連覇を狙う青山学院大は、主将・神林勇太(4年)とエースの吉田圭太(4年)、期待のルーキー佐藤一世(1年)らがメンバー入り。 総合文化政策学部• 豊川工業高校(愛知県) 関口雄大(せきぐち たけひろ)• 出遅れや下位に沈む区間があるなど、8位駒澤大学、10位東洋大学はかつての上位校として「らしくない」ミスもあり、あわやシード権落ちの危機もありました。

社会情報学部• 下級生には無理をさせずにしっかりと力をつけさせ、上級生中心の区間配置でミスのない走りを見せるのが青学の強さを支えています。

9