異 世界 から 聖女 が 来る よう なので 邪魔 者 は 消え よう と 思い ます。 【感想・ネタバレ】異世界から聖女が来るようなので、邪魔者は消えようと思います【電子特典付き】のレビュー

そんなある日、フェリシアに縁談の話が舞い込みます。 この世界はゲームの中で自分はどのエンドでも死んでしまう悪役令嬢!! ヒロインがウィリアムルート フェリシアの婚約者 に入ってしまったら… そこでフェリシアは誓いをたてます。 *カクヨムにも載せています。

7

そうだわ!貯金はある!薬屋としてお店を開けば経済的にも困らない!」 こうして、平民になる準備を整えたら殿下に婚約破棄を申し出ることにした もちろんヒロインもいじめない フェリシアは、 ウィリアム殿下の姿絵に向かって、高らかと… 私はあなただけには惚れないわ!そして絶対幸せになってみせる!. 個人的には想像を上回ってました。 だんだん絡んでくるのかもしれませんが、現時点では悪い娘ではなさそうただし、婚約破棄が回避された時にこの娘が可哀想になるのも嫌なので、もうこのまま登場しなくていいと思います。

10

なんと、フェリシアが嫁ぐのはシャンゼルの王太子・ウィリアム…その国は魔物の被害が多く、民たちが不安な日々を送っているというのです。 【書籍化】 角川ビーンズ文庫様より好評発売中 コミカライズ(CW様、ニコニコ静画様)連載中 大国グランカルストの第二王女、フェリシア。 。

9

そして… 私も愛し愛される家庭を作れるのかしら…? と期待しますが…とんでもないことが! なんとフェリシアは縁談をきっかけに前世の記憶を取り戻してしまうのです。 「王子の腹黒さ」 主人公や腹心の部下、下男下女に至るまで全ての方向に向かって徹底されていて、天晴れなレベル。 取り敢えず、続きも読もうと思います。

*キリが良いため、完結表示にしております。 [著者]ばち [原作]蓮水涼 [キャラクター原案]まち 国の第二王女であるフェリシア。

*こちらは書籍とは内容が大幅に異なります。 ヒロインである聖女様は序盤に登場しましたが、その後はエピソードでしか登場しなくなりました。 さすがお兄様、最後の最後になかなか面倒な嫌がらせを…よくそんな相手を見繕ってきたものね…ある意味感心するわ そんなことを思いながらも、フェリシアはきょうだいたちと離れられる遠国に行けることを喜ぶのでした。

9

王族であるフェリシアですが、侍女もメイドもいない荒れ果てた離宮でたった一人で暮らしています。

17

で、その主人公と婚約者の王太子が、毎日のように別々にお忍びで城の外に出かけ、お互い身バレしているのに平民と騎士様の体で楽しく触れ合ったり、ちょっとしたトラブルを二人で乗り切ったりしながら、どんどんどんどん仲良くなるというお話だと思います。 誰が王太子殿下になんて恋してやるものですか。 目指すべきものと、その為に取る行動など、概ね他作と同じパターンです。

14