アルファ ロメオ ジュリア。 アルファ・ロメオ・ジュリア【海外試乗記】 新時代のアルファ

まさに、アルファマジックにハマった感じである。 イタリア人が好みそうなレーシングカーのあの乾いた音がエキゾーストから響き渡る。 90日間の英語コーチングサービス「STRAIL」で正しい学習方法を身につける• 試乗してみて気づいたのですが、試乗車の時点で既にビビり音がしていました。

7

デザインはカッコよくて好みですがQVに比べるとおとなしい気がして、純正リアスポを追加しました。

10

維持費も思ったほどではないですね。 新型ジュリアはクアドリフォリオをベースにデザインを進めてきましたが、普通にお乗りいただくには乗り心地も重要になり、そこでいくつかのバージョンを用意しました」と、新型ジュリアでは4モデルが用意されていることを説明した。

には1760cc55馬力のディーゼル版が登場し、約6500台が生産された。 走りは最高なので、小さいことは気にしないで買って楽しみましょう。

16

フルカーボン筐体、そして性能と軽量性の両立• スーパーは好ましいスポーツサルーンとして人気を博し、成功作となった。 大衆車から走りを意識したプレミアムブランドへの移行だ。 走りを意識させられる流麗で柔らかいフォルムの中には、明るいベージュレザーのインテリアが拡がり、そこにはウッドパネルが調和する。

7

アルファ ロメオのデザインについて語ったマッコリーニ氏 アルファ ロメオのデザインについては、マッコリーニ氏がプレゼンテーションを実施。 グレード構成は、ジュリアが2. その後も特にGT系を中心に、ヒストリックカーとして多数が中古車として並行輸入されている。

14