銀河 鉄道 の 夜 読書 感想 文。 銀河鉄道の夜 読書感想文

思春期ではないが、20代の、まだ若い筆者。

15

賢治の作品の中でも有名なものになりますが、やや内容は難しいものになるかと思います。

8

ぼくお父さんはきっと間もなく帰ってくると思うよ」と母親に告げ、「ザネリはどうしてぼくがなんにもしないのにあんなことを云うのだろう」と苦しむ。

どこからやってきたのか問われた青年は、ことの次第を語りはじめる。 大人への成長譚であり、英雄譚だ。

4

この小説で心に残ったことはとにかく言葉の美しさです。

2

うちの上の子の「銀河鉄道の夜」は、形になるのだろうか。 かおる子 こんなにむなしく命をすてずどうかこの次にはまことのみんなの 幸のために私のからだをおつかい下さい。 sentimental train 渋谷にある『名曲喫茶ライオン』は昼でも薄暗い。

8