デロイト トーマツ ファイナンシャル アドバイザリー 合同 会社。 「DTFAってどんな会社!?」座談会 第1回「デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)で働く人ってどんな人!?」|デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

ときに大変なこともありますが、子供がいるからこそ家に帰ると仕事の大変さを忘れられ、充実した仕事があるからこそ子供との時間がより愛おしく感じられ、私にとってはバランスの取れた毎日を過ごすことができています。

13

ピー・アンド・イー・ディレクションズ• プロフェッショナルとしてクライアントに誠実に向き合える人材か、クライアントに対し付加価値の高いサービスを提供するために皆で協力し、前向きに取り組む姿勢を持っている人材か、新たなことにも挑戦しようとする意欲のある人材かどうか、といった点を重視しています。 例えば、9時から17時まで席に座って仕事をしなければならない、という環境ではなく、途中で抜けて戻ってくる、ということも全く問題なくできます。

5

DTCはデロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、デロイトおよびデロイト トーマツ グループで有する監査・税務・法務・コンサルティング・ファイナンシャルアドバイザリーの総合力と国際力を活かし、あらゆる組織・機能に対応したサービスとあらゆるセクターに対応したサービスで、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援するファームです。

3

教育・学習支援• 多様なバックグラウンドを束ねる筋の通ったコンセンサスやカルチャーをビルドアップしていくことが、私とDTFAの今後の大きな課題だと考えています。

13

一方、SNS等による情報拡散のスピードから、危機への初期対応次第で企業価値に与える影響が甚大化する傾向が見られます。

10

ボランティアプラットフォーム• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• プライベートとの両立に関して言えば、DTFAの制度や環境について心配することはないと思います。 基本的要件は、社内のルールを遵守することや社会人としての通常のふるまいを求めるものであります。 プランニング・ホッコー• 今後の成長のためにそのような動きは加速していくことになると思いますが、さらなる成長を考えると、中途の即戦力だけでなく新卒採用で裾野を広げることも欠かせません。

16

「Up or Out」(昇進か退社か)といわれる外資系企業に顕著な厳しい社風というよりは、厳しい中でもとして一人前になるまで社内でしっかり面倒を見るという考え方が浸透している。 そういった中抜け等を、わざわざ上長に紙などで申請しなくても、自分の裁量でできるところが、この会社で働き続けるのに有用な点だと思います。 エッジ・インターナショナル• そうした経験は、自身のスキルアップ、キャリアアップの観点からはもちろん、クライアントのニーズや課題を把握し、解決する点でも非常に有益だと思います。

9

それにより、業務の幅をさらに広げ、クライアントからの新たなニーズ、課題等にも対応していくことになります。 またファームとしても人員不足を補うために常に人材の採用に力を入れています。

19