博士 の 愛 した 数式。 博士の愛した数式(2006)

, しかし、博士は「私」やルートにも分かるようにかみ砕いて説明してくれるので、読みにくさを感じることはありませんでした。

ある日、「私」に10歳の息子がいることを知った博士は、幼い子供が独りぼっちで母親の帰りを待っていることに居たたまれなくなり、次の日からは息子を連れてくるようにと言う。 ある晩、博士と義姉は一緒に薪能を観ていた。

1

けれど私のことは一生忘れません」この言葉は、はじめは家政婦さんへの勝利宣言かに見えた。 素数の孤高を潔しとする博士が、なぜに・・・。

15

家政婦は、自分はあなたの手助けをする家政婦ですと自己紹介するが、博士は、僕は何の役にも立たないと哀しむ。 よって、このオイラーの公式が「博士が愛した数式」なのだと思います。

8

そんな博士は家政婦の誕生日を聞く。

8

未亡人は、「何か意図がおありなのですか?」「お金ですか?」と激しく私を問い詰めます。

16