パワーポイント 背景 色。 配色は難しくない!プレゼンスライドでの色の使い方

ではスライドで使う2色とはどんな色を選べばいいのでしょうか? その2色が メインカラーとアクセントカラーです。

2

東京渋谷区再開発 コンペプレゼン資料• CIデザイン プレゼン資料• パワポの背景を工夫して周りと差をつけよう! パワーポイント(PowerPoint)のスライドにどんな色や模様を付けるかで、プレゼンテーションの印象が大きく変わります。 パワーポイント背景編集3:「デザインアイデア」機能を利用する 手持ちの画像がなかったり、デザインのアイデアが浮かばないときは、Microsoft365のPowerPointに用意されている「デザインアイデア」機能を使うのが3つ目の方法です。

そこで、余裕がある方は 作成した枠が動かないように、固定しましょう。 背景の色を濃くしたときは文字の色を白、背景の色を薄くしたときは文字の色を黒、といった具合に背景の色と文字の色はセットにして考えるといいでしょう。

3

もちろんパワーポイントのグラデーション機能を使っても良いのですが、色選びのセンスが求められる上に手間もかかるため、基本はこちらのサイトを使いましょう。 コントラストを出すために、背景色が明るくて淡い色の場合には、文字色を黒や濃いグレーなど暗い色にしましょう。 「デザイン」タブを開き、「背景の書式設定」を選択し、右側に書式設定ウィンドウを開きます。

使用したいスタイルを 右クリック• 背景に白の長方形を被せる ここまで設定ができたら、次は背景の上に白の長方形を被せていきます。 選択したスライドに適用をクリック パワーポイントの背景の色は簡単に変えられます。

アクセントカラー(結論・まとめなど)• 背景の色を濃くしたときは文字の色を白、背景の色を薄くしたときは文字の色を黒、といった具合に背景の色と文字の色はセットにして考えるといいでしょう。 ビジネス本の他にも、語学学習本や小説、映画のノベルティー本などなんと40万冊のオーディオブックが用意されています。 今回紹介したような枠の設定ができるだけで、通常のパワーポイントとは一歩違ったデザインを作ることができます。