折り紙 紙 飛行機 折り 方。 2〜3分で完成! よく飛ぶ紙飛行機の作り方

折り紙ヒコーキ協会の会長の戸田拓夫さんがよく飛ぶ紙飛行機の折り方を、 テレビ番組の特集で、教えてくれていたので実際に折ってみました。 ) 三角形の山のてっぺんとなる点が少しはみ出す程度に、下に谷折りにします。 上から見ると、こんな感じです。

4

(黄色の部分) ここも、ガイドの線がないので、普通の折り紙だと難しいです。 上下に飛び出た2角を1cmほど、内側に向けて山折りします。

反対側のツバサも同様に折ります。 紙のサイズはA4サイズでいいのですが、戸田さんによるとツルツルの紙と比べると、片面広告などの使われているガサガサの紙の方がよく飛ぶそうですよ! より飛ばしたい人はガサガサの広告用紙を使って作りましょう! あっ!それと、いまから紹介するのは飛距離を伸ばす紙飛行機ですが、も紹介しているので、2つ折って飛び比べをしてみてくださいね! それでは、よく飛ぶ紙飛行機の折り方を紹介しましょう! まずは、A4紙を半分に折ります。

4

紙飛行機遊びが初めてのお子さんには、手を添えて一緒に飛ばしてみたり、ゆっくり飛ばして見せてあげてくださいね。 次に翼を折りますが、先端の固いところをゆっくりと柔らかく折り込んで、翼の線を真っ直ぐに合わせて折ります。

16

【ふつう】「カモメ飛行機」の作り方 今度は大きなつばさとくちばしが可愛い、カモメ飛行機を作ってみましょう! 出したい色面を表に向け、半分に折目をつけ図のように谷折りにします。 そして上の写真で折り目が付いているところに、紙飛行機の先端を合わせて、今度はしっかりと折ります。

15

本物の飛行機の離陸と同じく揚力によって高く舞い上がり、より長い距離を飛んでくれます。 表裏とも上の角を折り下げ、中心に隠れていた角をすぐ下の折り筋に合わせて谷折りしたら戻します。

18

今回紹介する紙飛行機は、 垂直尾翼つきで、 どちらかといえば、リアル指向の外見と なっている物になります。

6

普通の折り紙で折るときに、1番難しいポイントです。 紙を裏返して、向かい合ったふち同士を合わせて谷折りし、十字の折り筋をつけます。 片側5mmずつ真ん中から開けて折るようにしましょう! つづいて、先端を真ん中の線にむかってもう一度内側に折りますが、この時はそば一本分。

17

ただ、力入れすぎたりすると即座に 滑空して落ちたりと加減が 難しいところであります。 次に尾翼を作ります。 よく飛ぶ紙飛行機も人気なのですが、外見に拘った カッコいい紙飛行にも人気です。

9