そら豆 栽培。 ソラマメの種まき〜収穫までの育て方!栽培時期や整枝・病害虫の対策など|育て方Labo(育て方ラボ)

プランターや露地栽培で失敗なしで立派なソラマメを育てましょう。

16

適期を守り、コンパクトな状態で冬越しさせます。 ソラマメの収穫時期は翌年の4月下旬~5月下旬で、タマネギの収穫時期は翌年の6月頃になります。

生育旺盛で作りやすい品種です 豆は3センチほどの大粒。 太めの枝を5~6本選び、残りは株元より切り落とすと、4月には花芽を付けるようになります。 花芽が付き始めて実がつく4~5月は乾燥が続くようならばしっかりと水やりすることでぷりぷりの実が入ります。

13

・株間は30センチ前後とします(株間をたくさんとった方が収穫量は多くなります)。

4

梅雨に入る前に収穫できてしまえばOKですし、普段から茎と茎が絡まないよう、風通し良く、水はけ良く管理しておくことで、病気を防ぐことが可能となります。

14

梅雨の5~6月に発生することが多く、症状としては葉など雨水があたる箇所に赤茶色の斑点が見られます。 ソラマメの種は、種まきから約2週間ほどで苗作りができるので 種からでも簡単に栽培が出来ます。

7

ネキリムシは雑食ですので、ソラマメ以外にもほかの植物があれば、周囲の植物も食べてしまいますので注意しましょう。

18

新芽が伸び始めたら、支柱を立てて株倒れ防止策をします。 地植えにするときは、およそ60cmから 70cm程度の幅に畝をつくり、畝の真ん中あたりに深さ20cmから 30cmの溝をつくります。 マルチ穴の土の中に肥料を入れても構いません。

9