所得 拡大 促進 税制。 令和3年度税制改正 所得拡大促進税制の改変・見直し <浦安・市川の中小企業コラム> :税理士 和泉俊郎 [マイベストプロ千葉]

(日経 2020. 資本、又は出資を有しない法人• それによると、• 制度概要については、令和2年12月21日付けで経済産業省より公表した「令和3年度税制改正について」のうち「所得拡大促進税制の見直し・延長」をご確認下さい。

14

*4 控除対象新規雇用者給与等支給額とは国内の事業所において 新たに雇用したものに対してその雇用した日から1年以内に支給する給与等の支給額をいいます。 5%増、大企業なら3%増の賃上げをしていれば要件クリアです。 所得拡大促進税制とは、国内雇用者に対して給与等を支給し、要件を満たした場合に受けることができる税額控除です。

13

要件1は同じで、要件2は、1. イ 資本金の額又は出資金の額が5億円以上の法人• 5927 [令和2年4月1日現在法令等]• (「 新規雇用者給与等支給額」と、税額控除割合に係る「 控除対象新規雇用者給与等支給額」の範囲は異なるものとなるため注意が必要です。

16

ただし、適用要件を満たす為には、法人税の申告に際し、確定申告書等に、控除対象となる雇用者の給与等増加額と控除額、これら算出する為に必要な証明書を添付して税務申告しましょう。

こういったデータ形式で集めるのは、ピボットテーブルで自由に集計ができるからです。 5%以上増加していること ということで新規雇用者の要件は無しです。 中小企業者とは、次に掲げる法人をいいます。

20

中小企業向け: 所得拡大税制の見直し 趣旨: コロナ堝で雇用環境が悪化する中、雇用を守り、個人消費の原資となる所得を拡大する中小企業を支援する為、適用要件を緩和・簡素化し、令和5年3月末まで2年間延長する。 イ):適用年度の教育訓練費が前期比10%以上増加• )に対する適用年度の給与等の支給額をいいます。

教育訓練費は当期、中小企業比較教育訓練費は前期に支払った教育訓練費を意味します。

3

ロ 相互会社及び外国相互会社のうち、常時使用する従業員の数が1,000人を超える法人• 1 雇用者給与等支給額(注3) > 比較雇用者給与等支給額(注4)• 前年比で10%も支給額が増加しており、所得拡大促進税制の条件は満たしています。 。

11