遺産 相続 税金。 財産を相続したとき|国税庁

遺産の内容をメモしたものなどを持参していくと話がスムーズに伝わると思います。 路線価方式 路線(道路)に面する標準的な宅地の1㎡当たりの価額(路線価)を基に計算した金額で評価します。 具体的には受取人(遺族)が受け取る死亡保険金、死亡退職金等が該当します。

しかし、現金や預貯金は、価値が分かりやすい分、少しの取り分の差でも争いに発展してしまう可能性もゼロではありません。

19

生命保険金、死亡退職金 生命保険金や死亡退職金は、遺産相続の場面で相続財産になるのかどうかが問題になることがあります。

6

相続では、亡くなった人を「被相続人」、財産を受け取る人を「法定相続人(または相続人)」といいます。 そのうえで、課税価格の合計額を計算し、基礎控除額を上回るようであれば、相続税の申告準備を進める、というのが基本的な手順となります。 路線価方式による評価額の計算例 正面路線価:30万円 奥行価格補正率:1. さらに、次の3パターンに該当する人がいた場合、その人も法定相続人となります。

5

 相続開始前3年以内の贈与財産価額:300万円• (3)特例制度をうまく利用する その他にも、さまざまな特例制度を利用して、うまく相続税を減額させることが可能です。 相続税は、被相続人のもつ財産すべてについて 一部相続財産の対象外となるものを除き 、発生します。

7

法改正前には相続税がかからなかった人でも、今後は課税対象となる可能性があります。  居住の用に供されていた土地• この場合、「代襲相続」という形で、以下のとおり相続権が別の親族に移転します。