タック ダイン。 劣化コンクリートの基礎補強・補修『タックダイン』 製品カタログ

リフォームをご検討中の方は、ぜひ一度、協和ハウスにご相談ください. 劣化している状態に気が付かず、地震などの災害で建物に強い衝撃が掛かってしまった場合、倒壊してしまうほどのリスクがあります。

コンクリートは施工後しばらくは「アルカリ性」です。 (1)まずは養生です。 この「中性化」を防ぐことは住宅の基礎強度を保つうえでとても重要なことです。

6

次に塗装しない部分の 養生をし タックダインの 下塗りのプライマーを塗ります。 そういった大きな被害に繋がらないためにも、基礎の補強は十分に行っておく必要があります。

4

しかし「コンクリートの増し打ち」という工法は大きなデメリットがあります。

15

これは既存の基礎に対して、コンクリートを抱かせるように施工を行うことで、増し打ちしたコンクリートと一体化させ、強度を上げるという方法です。

9

さらにコンクリートは上から押される力(家の荷重を支える)には強いのに対し、横からの引っ張られる力には弱いという特徴もあります。 問い合わせフォームでご連絡はこちら メールでご連絡はこちら 電話でご連絡はこちら 0120-166-766 お客様の想い描いているリフォームを 「成功させる」ための 確かな経験と技術があります リフォームをお考えの方は、理想の間取りや素敵なキッチン・広々とした浴室・・など、様々な想像をしてイメージを膨らませていると思いますが、 リフォームをする上で最も避けて通りたいことは「失敗をする」ということではないでしょうか。

17

基礎コンクリートに施工する場合は、シート状になっている「アラミド繊維シート」を使用します。 対応するクラックは0. コンクリートを床下へ施工する為に、室内の床を剥がす必要があることや、専用重機を使用する必要があるためです。 弊社はアラミド繊維シートを使用したコンクリート耐震補強の材料販売 メーカー直販店 ・工事を長年行っており関東から関西方面・他各地域に協力会社もあり数えきれないほど工事を行って来ました。

6

基礎コンクリート「クラック補修」 最も簡易的なのは「クラックの補修」です。

8

口コミ満足度 様々なリフォーム関連の事業を行っている「城東テクノ」ですが、顧客も多く、たくさんの口コミが寄せられています。