マニ 50 2186。 JR東日本 マニ50 2186「リゾートエクスプレスゆう」

これに先がけ、17日・18日の2日間に渡って伊東線では機関車の乗務員訓練が実施されていました ・。 構造 [ ] 同時期に設計・製造された・などとは、車体構造やアコモデーションなどで共通点が多いのが特徴である。 上記の問題を解決するために、新形車両の導入が求められていた。

5

2倍となる計1,232名から応募がありました。 撤去した経緯は定かではありませんが、JR北海道の走行区間は非電化路線が中心ですので、架線がない分車両限界が厳しいことが考えられます。

18

31 廃車 スユニ50 2043 オハ46 684 小倉 1980. 2015年(平成27年)の6月から8月にかけて郡山総合車両センターに入場していた。

18 保存 スユニ50 510 スハ43 2353 1980. 23 オニ50 2314に改造 オハ50 2317 1988. 長津田から八王子・新鶴見経由で伊東へ 今回、マニ50 2186は甲種輸送 JR貨物の貨物列車 として横浜線長津田駅から八王子駅・そこから南武線・東海道貨物線・東海道本線・伊東線経由で伊東駅まで輸送されます。 15 廃車 スユニ50 516 オハ46 2027 名古屋 1981. 床下機器こそ再塗装されているものの、従来塗色のままの再出場に意外と感じた方も多いのではないでしょうか。 車体色は、交流電気機関車と同様の赤2号(ややに近い赤色)の一色塗りで、屋根はである。

3

バルブこそできなかったが、ゆうマニの愛称で多くの鉄道ファンから親しまれたマニ50-2186と、今では札幌の顔と化した733系と顔を合わせた。 荷物車は全国を走行し得るため。

2019年7月3日、JR横浜線と東急田園都市線の交わる長津田駅にて、JR東日本の「マニ50 2186」が東急電鉄に譲渡されました。 6 廃車 スユニ50 2007 スハ43 2218 1978. 26 廃車 スユニ50 2024 スハ43 2232 1980. またワキ10000形改造のカー()などと連結され、・として運行されることもあった。 2019年7月3日にはの機関車接続・交流および非電化区間における電源確保のためにに譲渡された。

17 廃車 オハフ50 5013 オハフ50 2394 2003. カラオケ装置および自動販売機の新設に伴い、SIV2基を設置し、変圧器・補助電源装置・蓄電池箱・高圧ヒューズを床下に増設。