体位 ドレナージ と は。 体位ドレナージとは

体位ドレナージの必要性、行ってよいか患者の全身状態を評価し、適切な方法で行えたか• 私たち理学療法士が排痰法を行う場合は、「排痰の3つの要素」(図1)に基づいて行っていきます。 その手を押し上げるように呼吸させることで 横隔膜をより有効に使うことを覚えさせる。

確認をしておきましょう。 とは、分泌物が貯留した肺区域を上にしたをとることで、重力を利用して分泌物を移動・排出させる方法である。

17

5:ドレーンの屈曲や閉塞を予防します。

体位ドレナージの方法の評価:体位のとりかた、長時間同一体位による患者の疲労、患者の咳嗽の仕方の指導は適切であったか 慢性呼吸不全の患者の場合(重力を利用し排痰を促す代表的な方法)• ・ドレーンを固定するテープによる皮膚損傷も感染の原因となるので、固定の位置を変えたり、ドレーンにガーゼを巻いて皮膚への直接的な刺激を少なくして皮膚を保護します。

3

上~下葉区、後肺底区:腹臥位• ・ドレナージ中は活動を制限されるため、患者様の安全安楽を第一に考え苦痛が最小限になるように心理的サポートも行います。 叩打は手のひらで、軽く、痛みを与えない程度にリズミカルに胸をたたきます。

17

大きな深呼吸後に1~2秒間最大吸気を維持し気道内圧を上昇させた後、一気に大きな咳をすると喀痰しやすい• 体位変換に耐えられそうにない高齢• 時間が短い 特に痰の場所が上にできていないというのはよくある原因。 60度をイメージしていても、実際には30度程度になってしまっている場合が多い 背中や腹部を枕で全面圧迫しないよう、枕を当てる位置に配慮する 実施する際は、身体損傷がないように側臥位の下側になってしまう手足の位置を確認することが安全上大切です。 排液の場合• 3:エアリークの有無と程度を観察します。

13