郵便 投票 問題 点。 郵便投票に疑問を示すトランプ大統領 橋下徹氏&立川志らくが理解示す

投稿されるや再生回数はたちまち100万回を超えたこの動画であったが、郵政公社の広報担当はこの動画を認識していると言及している一方、地元警察は動画を認識しておらず、調査もしていないと述べている。 投票用紙紛失の可能性 トランプ大統領は郵便投票で不正が起こる要因のひとつとして「紛失」を挙げています。 僕はネット投票にも賛成だが、それは本人確認が大前提。

18

かつて民主党のために郵便投票詐欺をした人物の告白 かつて民主党のために、いないはずの人に当てた投票用紙を集めて回り、 郵便投票詐欺を行っていた人物が。 というわけで、 郵便投票には多くの問題があり、投票行動や無効票などが大きなノイズとなりそうなので、バイデン勝利がかなり織り込まれてはいますが、バイデンは郵便投票でリードしているとされるだけに、蓋を開けて見るまでは全く分からないということ、いずれにせよ訴訟不可避というのは覚えておきたいところでしょう。 しかし、 ドナルド・トランプ大統領は 郵便投票について強く拒絶反応を示しています。

6

結局、フロリダ州裁判所が一定の判断を示し、州法によれば期限の遅れは認められないものの、郡は後に投票結果を修正することができるし、州務長官が事情や状況を考慮した上で、期限に遅れて修正された投票結果を採用することができるとの判断を下しました。 正直、 ジョー・バイデン氏が大統領になってくれたほうが トランプ大統領のような強硬姿勢を崩さない人物よりも外交がやりやすいと思っているはずです。

1

「われわれがアメリカ連邦最高裁判所になるのだ」としたほか、「われわれはすべての投票の中断を望んでいる」とも述べた。 なので、不正や偽造が起こるとすれば、 選挙会場をまるごとか、 管理している人達による協力が不正や偽造には必要になりそうです。

それを使用すれば不正投票ができるのだ。 この辺の投票行動の読めなさがサプライズにつながる可能性はありそうです。 この例ひとつを取っても分かるとおり、郵便を使った投票は様々な面で問題がある。

このツイートにおいて初めて「延期」という表現が用いられたことから、アメリカ国民は反応しました。 2週間経っても3週間経っても投票結果が確定しないということになれば、どこかで州議会が開票を打ち切る判断をすることも考えられます。 米大統領選の開票が進み、共和党のトランプ大統領(74)と民主党のバイデン前副大統領(77)の争いが大接戦となっていることについてコメントした。

1