パプリカ 歌詞 意味 怖い。 【パプリカ】歌詞の意味は?米津玄師さんの隠されたメッセージ

「パプリカ」の不思議な歌詞 曲りくねり はしゃいだ道 青葉の森で駆け回る 遊び回り 日差しの町 誰かが呼んでいる 子供の頃の、懐かしい情景が描写されている部分です。 真意は分かりませんが、心が洗われるような歌である事だけは確かですね。

4

けれど僕は未来を生きる。

17

今の僕はそんな人たちにも届くようなものを作りたいですね。 , NHKという大きなものの中で、結果としてそれが大きくなっていけばいい。

岩井俊二さんの「花は咲く」は、3. 歌詞を今いちど読み返してみると、難しい言葉はありませんよね。

6

日本の夏のイベントといえば何でしょう?そうお盆ですね。

19

つまり魂よ安らかなれという意味に取れます。 つまり「あなたの事は忘れないけれど、僕は未来へ歩き出す」と言っているのです。 僕自身はすごい音楽好きで、音楽のことを掘り下げようとする人間だと思うんですけど、そうじゃない人もいますよね。

4