フレキシブル 意味。 フレキシブルとは? 正しい意味とビジネスシーンでの使い方

例文のように、例えば会議で自分のアイディアや意見を求められた場合に色んな状況に即した柔軟なものを出すことは難しいですよね。 インフレキシブルには曲がらない・頑固・不屈といった意味があります。

10

言い換えると、「お客様のご要望に合わせてこちらで柔軟に対応します。 物事を真正面から見るだけでは不十分で、角度や立場を変えて様々な捉え方をする必要があります。 その他にも様々な呼び方があり、規則基準はありません。

20

予測を超えた事態が発生した時は、ルールを順守する頭の固さではなく、このような柔軟性の高い対応が必要になりますよね。 具体的には「They have a really flexible schedule. つまり、マニュアルや他の誰かの意見を確認している暇がありません。 「フレキシブル」の意味 会社で使う「フレキシブル」の意味とは柔軟・融通 一般的に「フレキシブル」と言うと、ビジネスの場で使われる場面を想像する人は多いでしょう。

1

融通、柔軟ともにちょっと堅苦しい言葉に聞こえますよね。 これは、類語の1つ目としてご紹介した「融通が利く」の文字通りの対義語となります。

9

「Flexible」は、「融通のきくさま」「物がしなやかなさま」「精神や性格が柔軟、順応性があるさま」「制度や組織が融通のきくさま」を意味する形動名詞だ。

1

働き方や会社の制度を語る際、「柔軟な」という意味合いで「フレキシブル」という言葉が使われることを覚えておこう。 例えば、「彼の提案には柔軟性がが全くない。 同じような業態の会社に属している場合は、時間の観点からもよりフレキシブルな対応ができないかを良く吟味してみましょう。

19

この「フレキシビリティ」という言葉も多様化が加速する社会の中で重要なキーワードとなりつつあります。 その状況を踏まえて考えてみると、それなりに融通を利かせてくれて対応してくれるような人はフレキシブルな人間であり、フレキシブルな対応をしてくれる人間であると考えることができるのです。 。

17

伸縮を吸収する「エキスパンションジョイント Expansion Joint 」は伸縮継手と表現されます。 具体的には、「彼女は常に柔軟性のある考え方をする。 「フレキシブル」の意味とは? 日本語の「フレキシブル」は、本来英語のflexibleに由来しています。

16