タイトル 拒絶。 タイトル、拒絶のレビュー・感想・評価

初演の実験的であるソリッドな部分を踏襲しつつも、映画で発見した新たなる可能性やふり幅を得ての再演。 そして、そのことにコンプレックスを持ちつつ、不毛な日々を過ごす。

キョウコはスタッフで運転手の良太(田中俊介)に惚れていましたが、良太はデリヘル嬢と本気で恋愛する気などありませんでした。

6

大人の女性の階段を登っていく二人の迫真の演技に注目です。 その後、 デリヘル嬢の世話役として落ち着いたカノウ。

8

様々なテーマ性は見て取れるが、それらを徹底して追求するわけでもない。

8

プロデューサー - 、藤井宏二• さながら「 肉食獣が襲ってこないサバンナ」っていうんですかね。 山下 -• 病院に行く。

8

払い戻し方法などのご対応方法、追加公演となる2月5日 金 14:00の回の受付開始時期につきましても決まり次第、当ホームページでご案内いたします。 彼女たち(ウサギ)が力強くもがく姿、それを見たカノウ(タヌキ)は何を思うのでしょうか。 そんなカノウはなかなか仕事にありつけず、デリヘル(デリバリーヘリス)嬢になろうとして、とある雑居ビルにある風俗店「クレイジーバニー」に体験入店したカノウでしたが、これから仕事だというところで怖気づいて部屋から逃げ出してしまいました。

20

しかし実際は、 悩みもフェーズもそれぞれ全く違う女たち。 佐津川愛美のキレまくる女、森田想の尽くす女などそれなりに見所有った。

18