お雛様 飾り 方。 写真で見る雛人形の飾り方〈道具編〉

では、あなたは左右どちら側に並びたいですか? 雛人形の並べ方に理由があるように、男女二人の並び方にも深~いワケがあるそうです。

16

雛段飾りは、平安貴族の婚礼の様子を表しているともいわれます。 この樹は、実際に京都御所の紫宸殿 ししんでん の御庭に植えられているもので、「左近の桜(さこんのさくら)・右近の橘(うこんのたちばな)」と呼ばれます。 お雛様の位置や小物などの飾り方、そして気になる三人官女について勉強していき ましょう。

12

そして、お人形やお道具がそれぞれの箱にどのように収納されているのかということを写真に残しておくこともポイントです。 三段飾りの場合は、七段飾りの「一段目(内裏雛)」「二段目(三人官女)」「七段目(雛道具)」を活用、五段飾りは七段飾りの「一段目(内裏雛)」「二段目(三人官女)」「三段目(五人囃子)」「四段目(随身)」「七段目(雛道具)」を活用したものが多く見られます。

7

関東と関西でなぜ左右が違うのか、一段、三段、七段の飾り方など詳しくみることができましたね。 つるし雛は江戸時代から始まったといわれています。

10

六段目 六段目には、雛道具が置かれます。 昔の婚礼は夜に行われたので、雛段飾りには雪洞(ぼんぼり)の灯りをともします。 二 段 目 二段目には、三人官女が並びます。

四段目 随身(ずいじん)を飾ります。 上の段から並べるのは、飾るときに誤って人形や道具を落としても、下段に置かれた飾りを傷つけないで済むからです。

1

お雛様の並べ方チェックのまとめ いかがでしたでしょうか? 大切な娘さんの嫁入り道具にもなるお雛様。 三人官女が持っている道具は、下記を参考にしてください。 左に橘、右に桜を飾ります。

3

四段目 四段目には、随身 ずいしん を飾ります。