女子 高校生 コンクリート 事件 妊娠。 【埼玉少女監禁】鎖で監禁、5回妊娠、虐待…犯人の動機は「クリーブランド監禁事件」の可能性も? (2016年4月8日)

『週刊文春』(文藝春秋)1990年8月2日号p. コンクリート事件の犯人達は少年法に守られ、刑罰はあまりにも軽すぎ、現在でも他の出所した犯人達の再犯の可能性も指摘されています。 被告人Bの弁護人:羽賀千栄子・伊藤芳朗・大沼和子・菅野庄一• 人は、自分の意見にあった情報を選び、自分の意見にあったように解釈する(認知的不協和)。 傍目に「逃げられんだろ、それなら」という状況であったとしても、 そんなの当人じゃないから言えることであって、まさに下手したら死ぬ可能性だってある 当人が逃げることを思い切って実行するまでに時間がかかったのは 十分想像できることなんだけど、 それもわかんない人の多いこと。

10

アルバイトの内容も、段ボール工場、プラスチック工場、あるいは缶詰工場といった情報しか出ず、決して楽な、ましてや不良と関連付けられるようなアルバイトでは全くない。 発見当初は 元の顔がわからないほど原形をとどめていなかったが、 司法解剖と指紋鑑定の結果、行方不明になっていた本人のものと一致した。

8

、自分と異性を大切にする。 危ないから送っていってやるよ」と言って、近くにある倉庫の暗がりでと脅し、ホテルに連れ込んで強姦しました。 一方で弁護人側は以下のように控訴趣意書朗読・答弁を行った。

3

でも、批判されまくりだった。 先ずこの事件にかかわった本人に対して現在の顔写真、居住地を公開するのは当然であり、 その犯罪者を生産した親そして同じ血を引く兄弟それに養子縁組を行った本人やそこの両親の 顔写真を公開しなければならない。 平成も終わりますが、犯人たちは時代が移って行っても相も変わらずクズのまま、更生なんて出来ないある意味哀れな人間ですね。

6

「やればできる」の土台は「自分にもできる」(セルフ・エスティーム)。 この事件は 加害者が全て未成年者であったこと 犯罪内容が重大・悪質で長期であったこと 少女の監禁に気づいていた 周囲の人間も被害者を救わなかったこと そして、 被害者をコンクリート詰めにするという類の無い悪質性が 社会に大きな衝撃を与えました。

6

心は、人間の一番身近にあって、一番わからないものです。 こんなパラドックスが許されていいはずがない」、「本音はこの事件を単なる『材料』として扱っているだけなのだ」「少女を『モノ』としていたぶり続けた少年たちと、自分たちの『はじめに死刑ありき』の目論見のための格好の材料として、やはり『モノ』として被害者を利用するだけのこれらのマスコミは、全く同質だ」と非難した。 コンクリート事件の犯人である横山裕史は仮出所後の動向は二つあり、栃木県へ住所を移し、派遣会社で勤務しているという説。

4

これに対し、日本共産党は機関紙『』で、同両親が党員であったことを認めた上で「同事件はとの関係も指摘されている、許すことのできない残虐な事件であり、もちろん日本共産党とはいっさい関係ありません」との記事を掲載した。 犯人たちは、あらゆる憎しみをかい、恨みをかい、これから生きていくことになるでしょう。

1

父親が女に走り別居。

2009年(平成21年)に2度目の出所をした。

16