デプロイ 王子。 デプロイ王子に聴く「ブロックチェーン事例まとめ」 メモ #イベントレポ|三浦雄一郎_新規事業企画実行のためのビジネスデザイン・マーケティング研究ノート|note

次々に的確な比喩を取り混ぜながら展開されるAzureの機能。 これについては、い くつか論点がありますので、後ほど説明をさせていただきたいと思います。 接触確認アプリの開発等の工程管理については、パーソルプロセス&テクノロジー株式会社に委託しております。

18

COVID-19Radar オープンソースプロジェクトが活動を開始した頃、同じように民間から接触確認アプリの提供を目指したオープンソースプロジェクトも幾つか存在していたようだ。 3年の時を超えて、「クラウド漫談」コンビが復活! パクえ、真壁、土居:こんにちは!大谷さん、王子、青木さん! ASCII大谷:あれ? 飯田橋のタイ料理屋で会うなんて、本当に奇遇ですねえ……って、もう辞めましょう。 デプロイ王子:いつもと違ったけど、内容すごくよかったよ。

20

厚労省としての公式接触確認アプリであるCOCOAは、COVID-19Radarをベースにして開発されたとされている。 選ばれるデータセンターを目指して。 廣瀬 当初、同時多発的に開発されているとは思っていませんでした。

19

ここでオープンソースをやるということで僕とマイクロソフトの価値観は一致したし、あまたのOSSがAzureで動かないかというとそんなことはないはずと思った。 新しいアプリケーションとアプリケーショングループを作成したら Deploy New Revision をクリックしてリポジトリ(S3 バケット)の指定等を行います。 一方ではMicrosoft Corporationが主催する「Microsoft MVP アワード」で「Microsoft MVP アワード Microsoft Azure 部門」を社員がするほど関係が深いパートナーであり、も同様に、などの深い繋がりのあるパートナーであるようだ。

7

すべてのデータが不変に記録さ れます。

16

デプロイ王子:あのあと、私も漫談聞いたトレンドマイクロの人から「クラウド、楽しいことがわかりました」って、真顔で握手されました。 : 01 02 04 06 07 09 10 11 12• でも、今年はVisual Studio CodeもOSS化したし、しかもプレゼン中にGitHubで公開した。

1

この関係性については氏が図で分かり易く説明されているので引用しておこう。 デプロイメントは一括で行う• デプロイ王子:そうそう。

テスト環境を用意して慎重にテストを行う• その下で、同社から日本マイクロソフト社とフィクサー社に対して、再委託がなされていると承知— Masanori Kusunoki masanork 内閣官房新型コロナウイルス感染症対策テックチーム事務局と連携して、これまで開発してまいりました新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA、COVID-19 Contact Confirming ApplicationということでCOCOAとしておりますが、本日15 時頃リリースをすることにしております。 廣瀬さんは同社のAzure(アジュール)エンジニアで、「デプロイ王子」の愛称で、さまざまなイベントなどにも登壇する業界の有名人だ。 設立 5 年未満、非上場、法人化を目指している個人事業主 が対象です。

17