ミカ メタン クリーム。 後発品と先発品で包装規格に相違があることへの認識不足|リクナビ薬剤師

31まで アズレワンうがい液1% 1%1mL アズレンスルホン酸ナトリウム水和物 コーアイセイ 後発品 R3. 31まで プロラノン点眼液0.1% 0.1%1mL プラノプロフェン 参天製薬 後発品 R3. 31まで ネオヨジンスクラブ7.5% 7.5%10mL ポビドンヨード 岩城製薬 後発品 R3. 31まで ポリヨードン消毒液10%「カネイチ」 10%10mL ポビドンヨード 兼一薬品工業 後発品 R3. 事例16• カミカとクレムドアンブラックの違いを徹底比較 魅力的な共通点が5つもあったカミカとクレムドアンブラック。 事例09• 事例70• 商品一覧 : 医薬品グループ「インドメタシン」に含まれる医薬品 😭 2.アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者[重症喘息発作を誘発する恐れがある]。 30まで プロラノン点眼液0.1% 0.1%1mL プラノプロフェン 参天製薬 後発品 R3. 事例134• 事例94• 事例65• 事例130• 事例107• 事例72• 事例139• 2.アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者[重症喘息発作を誘発する恐れがある]。

3.慢性疾患(変形性関節症等)に対し本剤を用いる場合には薬物療法以外の療法も考慮する(また患者の状態を十分観察し、副作用の発現に留意する)。 妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

7

事例111• 事例91• 30まで 塩酸テルビナフィンクリーム1%「マイラン」 1%1g テルビナフィン塩酸塩 マイラン製薬 後発品 R3. 事例66• 事例40• 一般名同一薬剤リスト• 事例32• 事例129• 妊婦、産婦、授乳婦等への使用 妊婦又は妊娠している可能性のある女性に対しては大量又は広範囲にわたる長期間の投与をさけること。 事例109• 30まで 塩化ベンザルコニウム液10〈ハチ〉 10%10mL ベンザルコニウム塩化物 東洋製薬化成 R3. 事例02• 事例05• 事例116• 密封包帯法で使用しないこと。

12

31まで ソルベガ軟膏0.05% 0.05%1g クロベタゾールプロピオン酸エステル 久光製薬 後発品 R3. 事例50• カミカとクレムドアンブラックの比較まとめ カミカもクレムドアンブラックも、いま人気のクリームシャンプーです。 事例120• 事例44• 31まで 流動パラフィン(山善) 10mL 流動パラフィン 山善製薬 R3. 事例123• [妊婦に対する安全性は確立していない。 3.密封包帯法で使用しない。

(慎重投与) 気管支喘息のある患者[重症喘息発作を誘発する恐れがある]。

4

事例08• 事例110• 31まで バウロ散含嗽用0.4% 0.4%1g アズレンスルホン酸ナトリウム水和物 堀井薬品工業 後発品 R3. 不使用成分:シリコン・パラベン・着色料・合成界面活性剤・鉱物油・旧指定成分、殺菌剤、紫外線吸収剤 カミカは少量ですがシリコンが含まれています。

13

事例90• また、患者の状態を十分観察し、副作用の発現に留意すること。 31まで ポステリザンF坐薬 1個 大腸菌死菌・ヒドロコルチゾン マルホ R3. 30まで オペリード0.6眼粘弾剤1% 1%0.6mL1筒 精製ヒアルロン酸ナトリウム 千寿製薬 後発品 R3. 事例57• 31まで ソアナース軟膏分包8g 1g 精製白糖・ポビドンヨード テイカ製薬 先発品 R3. 事例123• 事例78• 事例23• 31まで リフラップ軟膏5% 5%1g リゾチーム塩酸塩 帝國製薬 先発品 R3. 31まで ポピロンガーグル7% 7%1mL ポビドンヨード シオエ製薬 後発品 R3. 30まで ティアバランス点眼液0.1% 0.1%5mL1瓶 精製ヒアルロン酸ナトリウム 千寿製薬 後発品 R3. 2.他の非ステロイド性消炎鎮痛剤の外皮用剤を妊娠後期の女性に使用し、胎児動脈管収縮が起きたとの報告がある。

2

適用上の注意 使用時 眼及び粘膜に使用しないこと。 30まで カリーユニ点眼液0.005% 0.005%5mL1瓶 ピレノキシン 参天製薬 後発品 R3. 事例127• カミカは綺麗な白色ですが、クレムドアンブラックは真っ黒。 31まで アルキサ軟膏2% 2%1g アルクロキサ 小林化工 後発品 R3. 事例114• 事例117•。

15

事例07• 31まで ソルベガクリーム0.05% 0.05%1g クロベタゾールプロピオン酸エステル 久光製薬 後発品 R3. 2.表皮が欠損している場合に使用すると一時的に刺激感を起こすことがあるので、使用に際して注意する。 ] 原則禁忌 効能・効果、用法・用量 効能効果 下記疾患並びに症状の鎮痛・消炎変形性関節症、肩関節周囲炎、腱・腱鞘炎、腱周囲炎、上腕骨上顆炎(テニス肘等)、筋肉痛、外傷後の腫脹・疼痛 用法用量 症状により適量を1日数回患部に塗布する。