コーヒー トーク 攻略。 【レビュー】コーヒートーク【クリア感想】

の姿と人間風の姿を瞬時に切り替えるネコミミ族特有の能力を持つ。 プレイ時間について言及しておくと、1周目でノーマルエンドに到達するためにはレビュー用にメモりながらのプレイで5~6時間掛かった。

3

しかし、落ち着いた展開を求める人ならば、傑作になる可能性はある。 単に「民族が違う」と言われてもピンとこなかったかもしれないが、彼らはわかりやすく見た目が違うようになっている。

2

概要 [ ] 夜間のみ営業する「コーヒートーク」のとなり、店を訪れる客の様々な悩みを聞きながら飲み物を提供する。 難しかったのでトゥルーエンドに到達したときは声を上げてしまったが、その達成感に見合うストーリーはなかった。 ヘンドリー・ファーロング Hendry Furlong レコード店を経営しているネコミミ族の男性。

12

チャレンジモードは時間内に瞬時に頼まれたドリンクを提供しなければならないので、ある程度何を混ぜればいいかを把握しなければなりません。

20

言っておくが、本作にドラマなんてない。 それはトゥルーエンドでも同じだ。 その他に飲み物の全レシピやチャレンジモードの攻略なども載っています。

11

アイドルとしての娘の成功を誇りに思う一方で、その周辺の状況について過剰に心配し、娘のマネージャーに対して不信感を抱いている。 チャレンジモード - 制限時間内で客の注文に次々と応えていくモード。 ストーリーモードでは、お客さんからチャイラテ作って!と、いきなり言われてスマホを見ても作り方が???で分からないし、作り直すにしても5回までしか作り直しが出来ないのがちょっとストレスでした。

15