滅やばたにえん 考察。 【やばたにえん エンディング考察】各エンドで理解できる物語(ストーリー)

フルネームは「エリン・モンゴメリー」で、前作の女主人、グレース・モンゴメリーの元で姪として居候していました。

17

それがなぜ、 BLAIR家にいるのか謎ですね。 そして、OMIYOの人形はゾンビマシーンの中にいるお母さんの前に。

15

これによりジャックはサラに恨みを日に日に募らせていく。

3

シリーズの重要キャラクターである「 ジャックブレア」もこのブレア家の人間。 幸い、彼女の姉・兄であるサラ・リチャードは健康だった。 3兄弟の中の唯一の男性だったリチャードは、順当にいけば当主のサラと結ばれる筈だったでしょう、それを拒んだのです。

5

人を襲うため、やむを得ず地下に幽閉されることとなる。

滅やばたにえん より引用 姉の Lynneが、妹の Kannaを励ましているように見えます。

9

前作は復讐劇のような印象を与えてくるのに、こっちはスピンオフというか凄惨だけど希望もあるみたいなどこか明るさのある印象。

16

この一族の物語は、謎解き以上に注目すべきポイントです。 KUNIEDAはとても 家族思い。 MISHIMAに移植され、サラは復活を遂げます。