介護 予防 サービス 支援 計画 書。 介護予防支援・介護予防ケアマネジメント

アセスメントで情報収集をおこなう4つの項目は、ICFの生活機能分類とおなじ視点で設定されており、健康管理や活動、参加を促す項目に沿ってアセスメントをおこないます。

10

ただし、本人の自動車の運転についての意欲が失われているわけではなく、現状でただちに免許を返納しなければならないほどの危険な状態には陥ってはいません。 孫を抱っこして、一緒の時間を楽しみたい。

アセスメント領域と現在の状況 本人・ご家族の意欲・意向 領域における課題(背景・原因) 運動・移動について 信号が赤色から青色に変わっているにも関わらず反応が遅く、後ろからブザーを押されることが多くなったり、目の前に止まっている自動車に追突しそうになり急ブレーキをかけたり、歩行者が横断しているのに気づかずに轢いてしまいそうになってしまったりと、高齢による認知・運動機能の低下から自動車の運転について事故の発生のリスクが高まっている。 毎日の生活で自分で出来る事を行う• また、適当な施設をご存じない場合は居宅介護支援事業者が紹介します。 今年で92歳の同い年の4人で元気に過ごしたい• 浴室内につかまる所があれば、今までどおり自分で入浴することができます 優先度の高い順に課題番号を振っておくと、番号ごとに対応する支援やサービスが見やすくなります。

8

必要なサービスを利用しながら、不安なく一人暮らしを継続できる• 〇〇病院で習ったリウマチ体操を毎日20分以上行う• 目標は、援助側ではなく「利用者の目標」なので、 利用者が主体になるように書くことが前提です。 転倒しない。 2-8. そのため、要支援・要介護になるおそれがある高齢者に対しては、重点的に支援を行う必要があり、介護予防系サービスはまさにその中心的な役割を担っています。

19

(長男)まだまだ元気に頑張ってほしい。 総合的課題 課題に対する目標と具体策の提案 具体策についての意向 本人・ご家族 目標 自動車の運転について、本人の社会参加、対人関係等のコミュニティの維持という観点からも続けていけるよう、運転中に起こり得る事故に対するリスクをいかに抑えられるかについて取り組んでいきます。 目標によっては、一つの目標に複数のサービスを位置づけることがあります。

1

もう一度ナポリのベスビオ火山にお孫さんと行く• ニーズの変化には、 「健康状態の悪化・改善」「生活環境の変化」「気持ちの変化」などが挙げられます。 例えば「トイレに自分でいける」という目標を掲げた時に、身体機能へのリハビリと、トイレ内の手すり設置をそれぞれ計画書に位置づけて実施し、両方の達成を終えて、一つの目標がクリアできる場合もあります。 歌の歌詞や台本の作品を作る• ですから本人以外の意見にかたよったり、作成担当者だけで進めてしまうと、本人の意欲が下がり、結果的に今よりも生活の質が低下しかねません。

18

薬は忘れないように飲んでいます。 週1回程度、自宅でストレッチや青竹踏み等の運動をする• シルバーカーを使わずに歩いたり、杖を使わずに歩いたりしたい。 分析や対策、検証もせずに生活機能をただちに低下させる対策は避けなければなりません。

ケアプランの「軽微な変更」 ニーズに変化はないけれど、サービス内容の微調整が必要になった場合はどうすればいいでしょうか? 原則として、ケアプランを変更する場合は再度アセスメントをおこない、初回と同じ過程を経て再作成する必要があります。 また、緊急時に備え、対応機関やその連絡先も記載すると良いでしょう。 本人が望んでいる目標を計画に基づいて達成するためには、次の3つのポイントが重要です。

17