デエビゴ。 【勉強会メモ】レンボレキサント(デエビゴ)|てっぱもん|note

8) でもビックリするよね。

20

参考文献) であれば、デエビゴの方がよく効くのでは? と思ったのですが、生理的には両方のレセプターを阻害して睡眠作用が得られるとのこと。 じゃあ、デエビゴって実際どんな症状に効くんでしょうか?知りたいです。 デエビゴは、OX1RとOX2Rの両方を阻害する不眠症治療薬として開発されました。

不眠症は、睡眠をとる十分な機会があるにもかかわらず、入眠困難、睡眠維持困難のいずれか、またはその両方に苦しむことが特徴であり、疲労、集中困難、易刺激性を引き起こす可能性があります 5、6。 4.CYP3Aを阻害する薬剤との併用により、レンボレキサントの血漿中濃度が上昇し、傾眠等の副作用が増強される恐れがあるため、CYP3Aを中程度に阻害する薬剤との併用又はCYP3Aを強力に阻害する薬剤との併用(フルコナゾール、エリスロマイシン、ベラパミル、イトラコナゾール、クラリスロマイシン等)は、患者の状態を慎重に観察した上で、本剤投与の可否を判断する(なお、併用する場合は1日1回2. 重度の肝障害患者に禁忌• ただし、体内サイクルでは非24時間型睡眠覚醒症候群のままだと感じることがあるのは、月に2週間ほどは夕方から夜に非常に眠くなることですたとえ、朝から7時間寝ていようと、午後が睡眠サイクルになっているためか夕方には眠気が生じます。 詳細は下記。

8

脳機能を低下させて眠りをうながすのではなく、覚醒をコントロールするオレキシンをブロックすることで眠気を強く出させるっていうものらしいです。 順を追って説明しますね。

19

2.症状が改善した場合は、本剤の投与継続の要否について検討し、本剤を漫然と投与しないよう注意する。 なので気を付けて使用しましょうという事になった。 空腹時使用などの条件はベルソムラと一緒。

17

25mg出すべきだったのでは…? CYP誘導薬との併用にも注意 デエビゴはCYP3Aという酵素で代謝される薬剤です。 SUNRISE 1試験は、55歳以上の不眠症患者様1,006人(65歳以上が約45%)を対象に、ゾルピデム酒石酸塩徐放性製剤 6. 薬剤師的に一番気になるのは、CYP3Aまわりの問題ですよね。

8

あなたの及びが早く治りますように。 レンボレキサントの代謝酵素であるCYP3Aを阻害し、レンボレキサントの血漿中濃度を上昇させるおそれがある。

17