ネッツ 対 ペイサーズ。 ペイサーズに完勝したネッツ、ケビン・デュラントがシーズンハイの42得点「ダブルチームを仕掛けられるようにしたい」

その年のオフにバリーはチームを去るが、翌に「ドクターJ」の愛称で知られるスター選手のをトレードで獲得。

17

4はプレーオフ史上最高と言っている人もいますが、調べきれませんでした)。

16

690 1回戦敗退 4, ネッツ 1 1975-76 55 29. :1999-2012 2000年代• 空気を読まないプレイが多く、ネッツもペイサーズもシュートを落としがちな空気なときに活躍した。 創設から数年間はディビジョンで下位から中位ほどの順位だった。 オールスターには負傷したインディアナ・ペイサーズのに代わり、ディアンジェロが選ばれた。

13

ヤニス相手にも同じディフェンスを敷いてくるかもしれません。 さらにこの後も、フロアに乱入した男性のファンにアーテストは殴りかかった。 彼が戻って来ることができて本当にうれしいよ」とルバートの復帰を喜んだ。

8

: 2017-• 最新ニュース. このシーズン大躍進を果たしたネッツはプレーオフも勝ち進み、NBA加入26年目にして初の進出を果たした。

524 1回戦勝利 ABA準決勝勝利 ABA決勝敗退 ネッツ 4, 2 ネッツ 4, 2 4, ネッツ 2 1972-73 30 54. 702 地区準決勝 地区決勝 ABAファイナル優勝 ペイサーズ 4, 0 ペイサーズ 4, 1 ペイサーズ 4, 2 1970-71 58 26. ネッツはプレイオフ争いのチームになりそうなので、勝てたのは大きかったです。

11

(1991-02) を膝の怪我で全休。 :1991-1996• シーズン序盤には15連敗を喫し、大きく負け越した。

12

なお、ケビン・デュラントとはオクラホマシティ・サンダー在籍時以来、9シーズンぶりにチームメイトとなる。

6

このシーズン最大のシンデレラチームであったネッツの挑戦は、スイープという苦い記憶と共に終わった。 イースタン・カンファレンス [ ] アトランティック・ディビジョン [ ] 順位 チーム 勝敗 得点王(avg) リバウンド王(avg) アシスト王(avg) ヘッドコーチ 1 52-30 (14. ラプターズもエースを欠きながらの健闘だった。

14