うち は イタチ。 【NARUTO】木の葉を想う優しき天才!!うちはイタチの名言ランキングベスト10

しかし弟に対する愛情だけは本物だったのではないだろうか。

通常は視認できないマダラの「輪墓・辺獄」を目視することが出来るほか、「完成体須佐能乎」は「無限月読」を無効化することが出来る。 一瞥することで、尾獣を瞬時に縛り上げる強力な幻術も使用可能になった。

回復を終えて仮面の男の手引きでダンゾウとの対決に臨むと、うちは一族でも禁術とされている「イザナギ」でいかなる決定打も無効化するダンゾウに苦戦するが、発動時間の制限という弱点を突いて攻撃を当てることに成功し、香燐を人質に取られても躊躇することなく、彼女ごと攻撃を与えて勝利する。 それは【四大資質】の性能、【 二重任命 スキル 】【 追撃指令 スキル 】【 選手選択 ダイス 】【 運 ダイス 】 選手側に【 異名 スキル 】【 ヌシ スキル 】【 物量 二重任命 】……それは些末な事でしたが あるモノが足りていなかったのです。

9

2015年12月26日閲覧• この時、飛段の不死身の能力を写輪眼で解こうとしたが、原理は理解出来なかった模様。 2015年12月26日閲覧• 「 チッ、チッ、チッ…」と鳥の鳴き声に似た独特の攻撃音を発するため、まるで千の鳥が地鳴きしているようであることから千鳥という名が付いた。

12

旅を続ける最中、木ノ葉の危機に駆けつけている。 また、里を一緒に抜けた先に待っているのは暗く悲しい日々。 イタチは以前から病を患っており、途中から吐血しながら戦っていたが、サスケの最後の切り札、麒麟を須佐能乎で防ぎサスケに迫る。

8

それはイタチにとってとても苦しいことだったはず。 その貴方が、今までただ一つ突き詰めてきた戦術…それが失われている。 この作品では旅の途中に出会った薬屋の兄弟に愛情を持って接したり、木の葉の里の同期のことを思い浮かべるなど、まだ人間味のある様子が描かれている。