スナップ エンドウ 育て 方。 スナップエンドウの育て方

低温環境になりすぎない管理を行い冬超しをさせましょう。

11

おすすめの品種• 正確な時期は品種やその年の天候により違いがありますので注意しましょう。 スナップエンドウの栽培は初めてという事もあって、今回の初収穫はとりわけ感動しました。

7

30cm位間をあけ4~5粒まきます。 将来、人間にとっても植物にとっても過ごしやすい夏に戻ってくれるのが一番良いのですけど、どうなることやら。 続けてマメ科を同じ場所で作り続けると生育が悪くなります。

16

1穴に4粒まいた所もあって4つの種が発芽している箇所もありますが、はじめての栽培でこれから冬を迎える事もあってそのままにしておくつもりです。

18

本葉2~3枚ほどの大きさの時が最も寒さに強いという特徴を持っています。 窒素が多すぎると蔓ばかり伸び つるぼけになるので注意してください。 では、野菜にとって良い土とは、どんな土なのでしょうか? よい土って、どんな土? 土の粒子と粒子の間に水と空気がたっぷりの「団粒構造」 植物は、根の先端から5~10mmくらいのところにある「根毛」とよばれる部分で水や養分を吸い上げ、根や茎を通して葉や花に運んでいます。

ここにボックスタイトルを入力 【種まき時期】 栽培地によってかわります。 越冬時の注意点• インゲンや枝豆は同じマメ科でも夏に栽培して約3カ月で収穫できますが、冬を越して栽培するスナップエンドウは6カ月もかかります。

15

ただ、春まき、夏まき用品種もあるのでその時期にあった種をまくことで対応できます。 上の写真の収穫後、4日後の収穫です。 サヤの付け根を爪先でつまむかハサミで収穫します。

1~2か月、ビニール袋でじっくり再生 土を総取り換えします。 白い粉が他の葉に飛んで病気が広がることもありますので、注意します。

2

笹などつるが絡みつけるものを周りに植えて、寒冷紗をかけるなどして寒さに備えます。 あまり厳密でなくても育ちます。 2.スナップエンドウの栽培基本(畑・プランター) スナップエンドウの土づくり スナップエンドウを上手に栽培するためには、畑の土作りが重要です。