誰 だ よ テメー は いきなり 現れ て 好き 勝手 言っ て んじゃ ねー ぞ。 私の個性は超体超力!!!4【ヒロアカ】 (ページ42)

TやYがその状況を写メで撮影している様子は、本当に異常としか言いようがなかった。 103 名無しさん@お腹いっぱい。

9

Tのキスが終わるとYが俺の両頬に手をやりながら、Tとは真逆の情熱的なキスをしてきた。

20

( ミサト・・さん ) 愛する人を失ったミサトの心の痛みを 改めてシンジは思い知った。 「よお、」 口元に笑みを浮かべた跡部が、私たち二人を見上げていた。

17

肌は色白。 だから 今はこの 悲しみが、はやく 彼女の体から抜け出てくれるよう・・ シンジは祈るしかなかった。 こんな感じ。

3

「あのね・・」 「・・・・ん?・・・」 まるで、自分の娘にするかのように シンジがやさしく 聞き返した。

15

gdgdですまん。 「何で疑問系なのよ」 『まだ確信じゃねぇから』 「もう…ブン太って時々分かんないよね」 『ま、そこも俺の魅力って事で』 段々といつもの調子に戻ってきたブン太と私の会話。 まぁ…無理もないよね。

14