ソーコム mk23。 MK23 SOCOM 影縫(カゲヌイ)

またバレルがプラ製で、のち購入したサイレンサーはスライドより厚かったので、取付時の置き場所には神経を使いました。

東京マルイのガスブロ、HK45と比較してもMk23は大きいのがわかる。 せっかくなのでホップアップの調節ダイヤルもチャンバー付近に設けてもらいたかった。 READING• メーカー 商品名 価格 KSC ソーコムサイレンサー リアル。

アウターバレルは亜鉛ダイキャスト製で強固な作り。 よく見るとSOCOMとVSRのインナーバレルには、チャンバー取り付け部に若干の違いがある。 重く、かさばる反面、45口径にしては反動が小さいそうです。

9

アメリカやヨーロッパ各国から選抜されたメーカーに課せられたソーコムピストルの条件は、ノックダウンパワーに優れた. また、銃口下部にはと呼ばれるLAM(レーザー・エイミング・モジュール)を取り付けるためのレールが設けられている。 45ACP弾を使用し、装弾数が10発以上であること。

3

するとこのように接着剤がグズグズになる。

17

ガスのパワーを発射だけに利用しているので燃費やマガジンの冷えに対してもガスブロより良さそうだ。

5

のフラッシュライトには高光度白色LEDを採用し、レーザー照射部分には赤色LEDによるダミー点灯が可能となっており、雰囲気を盛り上げます。 にが採用されると、これをベースにした後継モデルの開発が検討されたものの、や、「」の不足によるに対する不信感から新型銃の開発が決定した。

19

ハンドガン単体としては標準的な重量だが、大柄なボディからか持ってみると比較的軽く感じる。 小説 [ ] 『』 強襲科の不知火亮が使用する。

18

をハードコンテナ・ガンケースに収納。

3