風 立ち ぬ 軽井沢。 『宮崎駿 風立ちぬと軽井沢』/「森の家」(軽井沢絵本の森美術館園内)

水木桜 演 - (第1作 - 第3作・第5作・第6作) 涼子との娘。 それからいくつもの季節が流れていきました。

19

徳永秀浩(役場部長) -• 翌月、幾分調子が良くなった節子を庭へと引っ張り出し、他愛もない話をしながら花を見ていました。 風子の同僚。

4

(なかなかやな) 筆者たちは軽井沢まで 高速バスで向かったため、駅前ではなく 東急ハーヴェストクラブ前で下車しました。 軽井沢北病院 医師 -• ぎくりとしながら節子に確認すると、山肌の影に父親の幻覚を見ているようでした。 万平ホテルに向かうのであれば、その方が少し近付けます。

6

…こんな気持、じきに直るわ……」 私は急に何もかもが自分達から失われてしまいそうな、不安な気持でいっぱいになりました。

原口京子(老舗旅館「油屋」女将) -• 風立ちぬのモデルのお二人の解説は 古き良き日本人の心が感じられて 温かい気持ちになれました。

19

そして、この旅行記の鬼押し出しは、むかァ〜〜し、高校の修学旅行で訪れたことがあります。

6

いつもながら本当にありがとうございます。 この、愛する人の死を受けいれていく(死者が内面化されていく)プロセスこそが、この小説の肝なんだろうと思います。 現在は富士見高原病院となり新しい病棟が建っています。

6