レボフロキサシン 点滴。 フルオロキノロン系抗菌薬について

白内障は、眼の中の水晶体という部分が濁る病気です。

1

クラビット点眼液によって全身に循環する薬物量は僅かですし、赤ちゃんへの影響はほとんどないと考えられています。 1.16. 大動脈瘤(頻度不明)、大動脈解離(頻度不明)〔8. 2). クマリン系抗凝固薬(ワルファリン)[ワルファリンの作用を増強しプロトロンビン時間の延長が認められたとの報告がある(ワルファリンの肝代謝を抑制、又は蛋白結合部位での置換により遊離ワルファリンが増加する等と考えられている)]。 薬剤名 影響 スルホニルウレア系薬剤 低血糖 インスリン製剤 低血糖 スルホニルウレア系薬剤 低血糖性昏睡 インスリン製剤 低血糖性昏睡 フェニル酢酸系非ステロイド性消炎鎮痛剤 痙攣 プロピオン酸系非ステロイド性消炎鎮痛剤 痙攣 フルルビプロフェン 痙攣 クマリン系抗凝血剤 作用を増強しプロトロンビン時間の延長 ワルファリン 作用を増強しプロトロンビン時間の延長 QTを延長する薬剤 QT延長 デラマニド QT延長 副腎皮質ステロイド剤<注射剤・経口剤> 腱障害のリスクが増大 プレドニゾロン<注射剤・経口剤> 腱障害のリスクが増大 ヒドロコルチゾン<経口剤及び注射剤> 腱障害のリスクが増大• 以下にあてはまる方は、服用・利用が禁止されています。

2

なお眼の手術後には、クラビットに加えてリンデロン点眼液(一般名:ベタメタゾン)や、ジクロード点眼液(一般名:ジクロフェナク)などが一緒に用いられることがあります。 そのため耐性菌が発現しないように注意しながら、クラビットのような抗生物質(細菌を殺したり増殖したりすることを抑える薬)を用いる必要があります。 1.13. 錯乱(頻度不明)、せん妄(頻度不明)、抑うつ等の精神症状(頻度不明)。

プラスチックバッグの外袋の内側に液滴が認められる場合や、内容液に混濁等の異常が認められる場合は使用しないこと。 このとき、吸い込んだ空気と一緒に細菌が侵入して、病気を引き起こすことがあります。

6

ブルセラ属• そのため、朝や昼、夜などいつ服用しても問題ありません。

9

レボフロキサシン錠100mg「ケミファ」 【大興製薬, 日本ケミファ】• 腎機能低下患者では高い血中濃度が持続するので、下記の用法・用量を目安として、必要に応じて投与量を減じ、投与間隔をあけて投与することが望ましい。

11