Nhk bs 映画。 中山美穂主演 岩井俊二監督 映画『Love Letter』 NHK BSプレミアムで3月12日放送

(『TENET テネット』の主演ジョン・デヴィッド・ワシントンがデンゼルの息子という時点でちょっとした関連はあります) 見終わった後には誰かと議論を交わしたくなるような作品です。 広告代理店で働く男ロジャーが、別人と間違えられたことから国際的犯罪組織とカ秘密諜報部との争いに巻き込まれていく姿が描かれていきます。

1

(2)吉永小百合• 30代になるとさらに発見があり、40代、50代と年を重ねるにつれて、味わいは変わっていきます。 (5)青い山脈 1949年• やがて二人の間で、死んだ恋人にまつわる回想が交わされていく…。 『ハリーの災難』で映画デビュー後、『アパートの鍵貸します』(1960)などが大好評、『愛と追憶の日々』(1983)でアカデミー主演女優賞を受賞して大女優へと成長した。

最近は映画館が減っていますし、お近くにレンタルショップがある方ばかりではないでしょう。 その後1992(平成4)年7月2日には放送1000回を記念してアニバーサリー番組も企画。 その後の映画編成において貴重な資料となっています。

14

ヒッチコック映画の中でも甘美な風情を漂わせるロマンチックな映画とされているが、その甘さを強調しているのがヒロイン役 キム・ノヴァクの謎めいたまなざしだろう。

16

『ハリーの災難』は死体をめぐる騒動を描いた軽妙なコメディー。 (5)バック・トゥ・ザ・フューチャー 1985年• 「10代で見た作品も、20代になると違った見方ができる。 (6)イングリッド・バーグマン• (3)高倉健• また、小津監督の特集時と同じく『没後10年 特集・黒澤明の世界』などの関連番組も制作し映画とあわせて放送しました。

映画の見方はさまざまですが、「たまたま見る」という入り口はとても大切。 (8)アラン・ドロン• 4日と6時間前をリアルタイムに覗くシステム""を使った二転三転するストーリーは見ごたえ抜群。 (2)風と共に去りぬ 1939年• そんな風にみなさんと映画との出会いをお手伝いできたら、そして「こういった視点で見てみませんか?」、「こんな映画忘れていませんか?」という番組からの問いかけに、見る方が共感してくだされば幸いです。

5