平等 公平 違い。 格差の問題を考えるために「公平」と「平等」について話をしよう【橘玲の日々刻々】

どれだけ多くのものがあっても、どれだけ多くの人がいても、みんな同じ。

18

でも彼が毎日1時間家事に時間を使うとなると、かなりの負担になる。 住んでいる場所や家柄で執拗に嫌がらせを受けた人が辛い思いをしてきました。

18

「食べ物が平等に行き渡るようにする」「お金を平等に分ける」「死は平等に訪れる」のように使われます。

この分配比率や査定等を含めた扱い方、やり方、判断が正しかどうかが公正となります。 従って、個人の利益を優先したり、個人の主観で判断することは避けなければならず、このため公平無私という概念も存在する。

高学歴の学生が有名な企業に入社しやすく、それが勝ち組や負け組に繋がっていきます。

5

「成果主義」こそが正義だと主張する気はありません。

5

偏りやえこひいき、仲間外れにしてしまうと、いじめに繋がる可能性もあります。 例えば,教育格差,男女格差などのテーマを扱う時には平等が重要な観点となります。 正直、私はこんな平等がはびこったら何もしない人間になると思います(笑) 当然、どんな人間も同じような条件を平等に与えられるべきだと思います。

10

こういった仕組みがあるからこそ、本当に努力家の人たちは、起業をするなどして年に数千万円などを儲けているわけです。 それは、すべての個人に平等な機会を提供し、最大の可能性を達成することを目指しています。 力仕事をやる男性は平均して一日に100kgの荷物を配送して5万円の報酬を得ています。

8