čēéŦą č¨ē断。 あãĒたはぎ「čēéŦąåēĻ」チェック

į§ã‚‚気分障åŽŗãĒぎでつらいですが、それでも大切ãĒč‡Ē分ãĒぎでč‡Ē分で厈ろうと思いぞす。

13

čēįŠļ態ではæœŦäēēは気分がいいぎでæ˛ģį™‚する気ãĢãĒらãĒいことが多いぎですが、周りぎäēēが気ãĨいãĻ旊めãĢæ˛ģį™‚を開始することが望ぞれぞす。 åĻĨåŊ“性ãƒģäŋĄé ŧ性ぎ検č¨ŧはしãĻいぞせん。 åŖや喉が渇くâ€ĸ æ˛ģį™‚がうぞくいかãĒい時ãĢį–‘うこと 双æĨĩ性障åŽŗぎæ‚Ŗč€…ã•ã‚“ãĢ多いį‰šåž´ãŒã‚ると感じたら、æŗ¨æ„ã—ãĻãŋãĻいくことが大切です。

16

こぎため、č‡ĒčĻšã‚‚ãĒã‘ã‚Œã°å‘¨å›˛ã‹ã‚‰æŒ‡æ‘˜ã•ã‚Œã‚‹ã“ã¨ã‚‚å°‘ãĒいぎで、双æĨĩ性障åŽŗぎčģŊčēį—‡įŠļãĢは気ãĨけãĒいことが多いぎです。 čēéŦąį—…ぎ場合は、åŋ…ず「čēã€ã¨ã€Œã†ã¤ã€ã‚’くりčŋ”すぎで「うつ」期間ãĢč‡Ēį„ļãĢå…ĨãŖãĻいきぞす。

5

åžĒį’°æ°—čŗĒぎį‰šåž´ãĢは、â€ĸ それで原因をč‡Ē分ãĒりãĢįŠļ明したくãĻåŋ…æ­ģでčēéŦąį—…ãĢついãĻčĒŋずãĻいたんだと思う。 過åēĻãĒč–Ŧį‰Šæ‘‚å–ãŒã˛ãŠã„čēéŦąį—…ãĢį™ēåą•ã—ãŸå¯čƒŊ性もありぞす。

10

うつįŠļ態では、うつį—…ãĒぎか双æĨĩ性障åŽŗãĒぎかをčĻ‹æĨĩめるぎは非常ãĢé›Ŗしいです。

16

æœŦäēēだけでãĒãã€å‘¨å›˛ãŽäēēも、æ—Ĩ頃ぎ様子や気分ぎæŗĸをčĻ‹åŽˆã‚Šã€čēįŠļ態ãĢ気ãĨくことが大切です。 双æĨĩ性障åŽŗは、į˛žįĨžį–žæ‚Ŗぎ中でもæ˛ģį™‚æŗ•ã‚„寞å‡Ļæŗ•ãŒæ¯”čŧƒįš„æ•´ãŖãĻいるį—…気で、č–Ŧでã‚ŗãƒŗトロãƒŧãƒĢすれば、それぞでと変わらãĒいį”Ÿæ´ģをおくることが十分ãĢ可čƒŊです。 ä¸ģãĢį”¨ã„ã‚‹č–Ŧは、気分厉厚č–Ŧや非厚型抗į˛žįĨžį—…č–ŦとãĒりぞすが、į—‡įŠļが多様ãĒ双æĨĩ性障åŽŗはį‰šãĢč–ŦぎäŊŋい分けがé›Ŗしく、ä¸ģæ˛ģåŒģãĢよくį›¸čĢ‡ã—ãĻæ˛ģį™‚を受けるåŋ…čĻãŒã‚りぞす。

19

åŋƒį†į¤žäŧšįš„æ˛ģį™‚ãĢよãŖãĻč‡Ē分ぎ再į™ēぎきざしãĢすぐãĢ気ãĨいãĻ、寞åŋœã™ã‚‹ã“とができるようãĢãĒれば、再į™ē時ãĢ旊期ãĢæ˛ģį™‚を始めることもできぞす。 åŠ č—¤åŋ å˛. čŠŗしい斚、äŊ“é¨“č€…ãŽæ–šã€ã”æ„čĻ‹ã‚„äŊ“験čĢ‡ãĒãŠãŠčžã‹ã›ä¸‹ã•ã„ã€‚

うつį—…と双æĨĩ性障åŽŗぎうつįŠļ態は、į—‡įŠļとしãĻは大きく変わらãĒいことも多いです。 「こころぎ悊ãŋ」とはį•°ãĒり、ã‚Ģã‚Ļãƒŗã‚ģãƒĒãƒŗグだけで回垊が期垅できるもぎではありぞせん。