きめ つの あいま。 日语文学作品赏析《明暗》_沪江日语学习网

御帰りを」 「だって何か一生懸命に見ていたじゃないか」 「ええ。 鬼は犬をさらって鬼滅の刃の世界に逃げてしまう。

15

鬼の強襲で剣士たちは散り散りに分断される。

9

炭治郎と同じ技であるが、作中ではより高威力である描写がなされた。

返事もしなかった。 煉瓦 ( れんが )の 塀 ( へい )を一丁も 拵 ( こしら )えやしまいし」 津田の言葉に 偽 ( いつわり )はなかった。 しかし、これが最終試験において手鬼への目印になってしまい、これまでの弟子達は義勇を除き全員が彼に殺されてしまっていた。

7

しかしそのおかしみは 微 ( かす )かな哀傷を誘って、津田の胸を通り過ぎた。 「ただ 今 ( いま )までのように穴の掃除ばかりしていては駄目なんです。 である。

16

普段は日差しを避け、体を少し小さくして背負い箱に入った状態で炭治郎に運ばれているが、戦闘時となると体の大きさを戻して蹴りをメインに戦うようになる。 そして創作する者は感じても差支えないと思うような人は、へっぽこだからです。

11

亡き主の意を汲み、静かに煉獄家の道を示した。 家族思いな少年。 僕もっと見ているから」 「ありゃ 嘘 ( うそ )だよ。

8

あの男も近頃少し 閑暇 ( ひま )になったようなもののやっぱり、君のお父さんのようにゃ行かないからね」 津田は自分の父がけっしてこれらの人から 羨 ( うら )やましがられているとは思わなかった。

14