ビタミン e 過剰 摂取。 ビタミンEの働きと摂取目安量は?過剰摂取についても解説

特に高齢の女性や小柄な人は骨量が少ない傾向にありますので注意が必要です。 4 IU どのような食品からビタミンEを摂取できますか? ビタミンEは、多くの食品に自然に含まれ、また、食品に添加されることもあります。 まず「水溶性ビタミン」と「脂溶性ビタミン」の2つに大きく分けられます。

他の脂溶性のビタミン A,D,K と比べ、過剰摂取による影響や健康被害は少ないようです。 5mg。

あなたが服用しているすべてのサプリメントおよび医薬品について、担当の医師、薬剤師、その他の医療スタッフに話してください。

19

ビタミンEは安全性が高いということで、安心しました。 骨は、骨の形や機能を作る「骨芽細胞」と、骨を壊す「破骨細胞」の働きが互いにバランスを取り合い、新陳代謝されながら機能維持がなされていますが、実験でラットに通常のビタミンE摂取量の5倍の量をおよそ2ヶ月に渡って与え続けたところ、ビタミンEを投与したラットは破骨細胞の巨大化が進み、骨量の減少と共に骨粗しょう症様の症状が見られたことが明らかになったのです。 複合型カロテンとリコピンの組み合わせは、慢性肝炎の人では肝臓癌への進行を予防する効果があります。

7

子癇前症(妊娠中毒症)のリスクのある妊婦に18-22週から400IUのビタミンEを経口投与した場合、また妊娠後期の2ヶ月間毎日600-900IUを摂取した場合、副効果は報告されなかったといいます。

抗酸化作用のあるビタミンEはビタミンAが酸化してしまうのを防ぎ、ビタミンAの摂取効率をアップします。

0mg とされており、通常の食事からこの量以上に摂りすぎるということはまずありません。 特に食材ではなくサプリメントを大量に飲んだ人が胃の不快感を訴えるようです。 従ってこの時間内に大量のビタミンEを摂取すると過剰摂取となり、過剰症が引き起こされやすくなります。

13