中 大兄 皇子 と 中臣 鎌 足。 【刀剣ワールド】中臣鎌足 ~中大兄皇子の腹心~|主君や師匠を支えた歴史上の実力者

(参考資料)松崎哲久「名歌で読む日本の歴史」、黒岩重吾「天風の彩王 藤原不比等」、黒岩重吾「茜に燃ゆ」、永井路子「にっぽん亭主五十人史」、杉本苑子「天智帝をめぐる七人 胡女(こじょ)」 投稿ナビゲーション. 乙巳の変後の中臣鎌足の活躍 乙巳の変とは、中大兄皇子と中臣鎌足が 蘇我入鹿を飛鳥板蓋宮で暗殺した事件です。

7

皇極女帝は言葉を失い、その場を去った。

9

礼を持って下を敬い、礼に対しては礼を持って接しないといけません。 この女性天皇擁立の背景には、蘇我氏の押す舒明天皇の第1皇子「古人大兄皇子」(ふるひとのおおえのみこ)と聖徳太子の子「山背大兄王」(やましろのおおえのおう)との間に皇位を巡る対立があったからと言われています。

中臣鎌足が靴を拾い中大兄皇子に捧げると、中大兄皇子は丁寧に礼を述べたと言います。 「軽皇子」に即位するように進言しました。

16

つまり、私の妄想では大海人と鎌足を別称ではなく別人にするための策略と見ます。

12

ミイラの顔面には、金色の糸が纏わりついていたのです。 第4条「租調庸の税制」 (そちょうようのぜいせい) 公民に税を負担させる統一的税制を行ないました。

19

しかし、今回の妄想には大弱点(アキレス腱)あります。 上にも書いた通り、中大兄皇子は2番目に天皇になるという資格を持っていました。