ミニマリスト主婦 自分を捨てました。 40代ミニマリストが自粛生活で捨てたもの、増やした意外なもの

例えば一度すべてを捨て、 無駄を一つ残らず捨てたとしても、 生きている以上、また不要な物が部屋の中に入ってきます。

4

変化に柔軟に対応して、そのときにいちばん便利な形を探したいですね。 純粋に情報サイトとしてブログを読みたい方に特におすすめです。

20

長時間過ごす家の中でこそ気持ちよく過ごせるように。

7k件のビュー 2018年4月16日 に投稿された• 荷物は増やさないということにはこだわっているみたいです。 それなのにこんなによけいなものをいっぱい持っていたのです。

また、以前より料理をつくる回数が増えたため、面倒になり冷凍食品に頼る日も増えがちに。 家を片付けて一番嬉しかったことは「最近CDをふいて前と後ろを入れ替えてる」と言っていたこと。 ミニマリストに出会って そうか! 物を沢山所有したって 幸せにはなれないんだと分かった。

4

そこがマジでカッコいい!!!!! 自分のことを良く見せようとか、そういう意図が一切ない。 やましたさんが広めている断捨離という言葉は 「ただ単に物を捨てる」という事を表しているわけではありません。 現在の冷蔵庫はしばらく使い続ける予定ですが、次に買い替えるときは一週間の買物がゆったり収納でき、さらにお気に入りの冷凍食品をいくつか常備できるくらいのサイズを選ぼうと思っています。

8

ブログのタイトルにもある通り、namacoさんはズボラを自称していて、そんな自分でもできる簡単なライフハックを紹介しています。 ブログの他にTwitterやLINEのオープンチャット、noteなど様々なところで情報発信されています。 」という 追い立てられるような気持ちになってしまいます。

」は、世界24カ国語に翻訳されています。 TVerで見逃し動画が無料で見れるんです。 沼畑さんは、著書「最小限主義。

16

リサイクルショップに売れるものは せっせと売り飛ばし。 環境に合わせて、常に必要なものを見直し大切なものを選び、軽やかで快適に暮らしたいものです。 バラエティ番組を見て笑い、ニュース番組を見て意見を交わすなど、コミュニケーションのきっかけにもなる。