熱性 痙攣 対応。 子どもの病気とその対応-2| 公益社団法人埼玉県看護協会

私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 1.主治医からの指示書・処方 熱がでたときの予防法や、けいれんが起きたときに必要な対応があれば、指示書をかいてもらいましょう。 高熱のときに、ぶるぶると体が震えるのはシバリングという現象で、熱性けいれんとは異なります。

16

それでも、ママはずっと子供といっしょにいることが難しい場合が多いでしょう。 熱性けいれんの対処法は? 熱性けいれんは、だいたい 5 分以内 で治まる場合が多いです。 赤ちゃんの体をゆさぶらない けいれん中、体をゆするのは絶対NG!それが刺激になり、けいれんが止まりにくくなる恐れも。

17

痙攣が右と左でバラバラ• 遺伝的な要因もあり両親に熱性けいれんがあると2~3倍頻度が多くなるといわれます。 その後、目が覚めら、目が合うか、意識はもうろうとしていないか確認しましょう。

5

・けいれんが 左右対称に起きているのか、 片方だけなのかを見る。 また、親御さんが口の中に手を入れたりするのも危険です。 稀ですが泡を吹く子もいますし、気を失う子もいます。

5

子供の症状を正しく判断して迅速に救急車を呼んだり、保護者に連絡をしたり、緊急の対応をしたりということは保育士では難しい場合があります。 通常は数秒から数分で治まり、その後泣いたり、眠ったりします。

熱が上がり始めたら、 主治医の指示による けいれん予防の坐薬を入れましょう。 次の3項目のうち1つでも当てはまると複雑型熱性痙攣に分類されます。 <熱性痙攣の観察ポイント> ・痙攣発作の持続時間 ・発作はいつ頃、どこで、どんな時に起きたか ・嘔吐はあるか ・全身性か部分性か ・痙攣の部位、左右対称か ・けいれんの型 ・眼球移動の有無 ・意識の有無 ・嘔吐の有無 ・チアノーゼの有無 このようなことを観察し、速やかに医師に報告するようにしましょう。

6

しかし口の中にものを入れる、指を入れるなどは非常に危険な行為です。 1、道路上など危険な場所でけいれんが起こったら、安全な場所に移動させる 2 、ベッドや地面の上など、平坦な場所に横向きに寝かせる 3 、服を重ね着しているなど窮屈な服装の場合はボタンやベルトを緩めて、呼吸を楽にする 以上の対処を行ったうえで、冷静に子どもの様子をしばらく観察します。

5